怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

2019年1月20日朝、新潟駅構内で、幽霊を見ました!!

今年の1月20日の朝、JR新潟駅の構内(万代口東側通路の45度近く曲がる角のおどり場、若干の階段の上がった所)で、私は、生まれて初めて、霊障のような感覚を感じました。

なんか、ゴワゴワッとした圧力感幻覚のような感じでした。

2019年1月20日朝、新潟駅構内で、幽霊を見ました!!の画像

白人の女の人(25才ぐらい)が少階段の向きで立っているように感じました。それは、普通の物体ではないような…。服装は?というと、まぼろしがまぼろしを着ている、という感じです…。

あえて言うと、薄灰白色(色自体は濃いめ)の長袖のドレス、やや厚めのそれ一枚で、足は、足首のすぐ上ぐらいまでしかなかったように感じました。レースは、裾にはなくて、袖には、小さめのが付いていました。

レース付きの袖は、前は、普通に手首まであり、後ろは、少し短くなっていて、一直線よりも袖が長く、少しカーブしていました。

ところが、私が、最近一作家の作品を立て続けに読んでいる中(お正月に映画館で、澤村伊智さん原作の「来る」を観てから、全作品を読んでいます。)で、アレッ?って感じたことがありました。

こんな名前じゃなかったか…?

「越後国 おほ」

「越後国 おほ」の画像

これは、昨年末映画が公開された「来る」の原作者の澤村伊智さんの「ひとんち」という小説に出てくるんです。今年の2月22日に発売されています。

全八編の短編集の第六編目「シュマシラ」という編の終わりの方に出てきます。兵庫県佐用郡南光町(今は、合併して、作用町になっています。)のことのようですね。

この第六編の中に、宝根山小動物園というのが出てきて、その敷地内の外れに、なんの変哲もないような、大きめの石が、檻の中に入っていて、それが、いくつもあり、それぞれ名札がついている、ということなんです。その中に、「越後国 おほ」というものがあり、私は、アレッ?って思ったのです。「確か、新潟駅構内の通路で感じた、あの霊障は、おそらくアメリカ人で、名前は、オリバー・ホリウ、という感じじゃなかったか?」

「オ・ホ」?、まさか、たまたまでしょうかねぇ?

ビチャビチャ、雨を降らす、異常悪霊格、という感じでした。私が、悪霊格、と言うのは、生活者出身の生き霊ではなく、最初からの悪霊で、悪霊の中では、わりあい意味が濃いタイプという意味です。

この日の新潟は、朝から、異様に冷たい雨が降っていました。雪より冷たい雨があるんだなぁと不思議に思ったものでした。

私の話を読んでくださって、ありがとうございました。なにかの間違いで、やはり、悪霊なんていなければいいんですけどねー。

-不思議な体験談
-