日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

感動する心霊体験談

不思議で悲しい体験 伝えに来てくれてありがとう

皆さんは、虫の知らせという言葉を聞いた事があるでしょうか?
亡くなる前に大事な人・お世話になった人等にお礼・あるいは自分の死を伝える為に、来る事です。

私はある日、その虫の知らせというモノを経験しました、それはある日いつもと変わらぬ日常を過ごしていた時です、自宅で夕食を食べテレビを観ながらリラックスしていました。そして夜の23時位になり次の日も仕事の為、そろそろ寝ようと思い布団に入りました。

布団に入り電気を消し、テレビを観ながら明日の仕事の事を考えていました、すると!玄関のドアをコン‥コン‥と弱めに叩く音がしたのです、私は何だ‥こんな時間にと思い、面倒なので無視しました、するとまたコン‥コン‥と叩くのです‥、私は面倒でしたが玄関に向かいハイ!?と返事をしました、しかし応答がありません‥私はドアを開けて外を確認しましたが誰もいませんでした。

何だよ!!と思い布団へ戻り、テレビを観ていると今度はトイレのドアが閉まる音が聞こえたのです‥私は正直ビビりました‥誰?泥棒?と少しパニックを起こしました‥、すると今度は廊下からリビングに向かう途中に扉があるのですが、その扉が開いた音がしたのです‥そしてバタンッ!と閉まり‥また開きまた閉まりと3回繰り返しました‥、私は布団から出てすぐに寝室の電気を点け怖いのもあったので、武器になるような物を持ちジッと様子を伺っていました。

すると次の瞬間です‥テレビが勝手に消え‥また点き‥とやはり3回繰り返しました‥私は何だこれ‥と不思議がっている時でした‥、リビングから寝室に繋がっている扉がスーっと開いたのです‥私は身構えたのですが‥誰もいないのです‥、そしてその扉も私の見てる目の前で、やはり3回開け閉めを繰り返し終わりました。

私は直感的にこれは霊的なモノだと思いました‥しかしどうにも出来ないので部屋でジっとしていると、私の携帯が鳴りました!私は怖かったせいもあり、すぐに電話に出ました、すると私の母親からでした、私はどうしたの?こんな時間にと伝えると、母親が一言ついさっき田舎のおじいちゃんが亡くなったという連絡でした。

私はすぐに察知しました‥さっきのじいちゃんだ‥と、次の日私は仕事を急遽休み実家のほうへ帰り、昨日の出来事を話しました、すると母親は、それは虫の知らせだね‥おじいちゃん、あんたの事可愛がってたから最後の挨拶に行ったんだよ‥と私に伝えました。

私は恐怖もあったのですが、それ以上に不思議で悲しい体験でした‥、たまにはお墓参りに行かなくちゃな‥、それでは。

-感動する心霊体験談
-