怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

感動する心霊体験談

私の高校の先生が体験した不思議な白い箱の話

これは、私が高校生の時の先生が体験したお話です。
私が通っていた高校は、制服が可愛いと評判の私立のA学園高校で、
その制服が着たくて学校を選ぶ子も多くて、私もその一人でした。

ある時、生物のY田先生が、授業で生命についての話をしているときに、Y田先生が思いついたように、不思議な話をしてくれました。

私の高校の先生が体験した不思議な白い箱の話の画像

当時から10年前の話なんだけど、とぽつりぽつりと話してくれたのは、こんな話でした。

高校の受験シーズンの中、A学園高校を受験してきた女子生徒の中に、
心臓に大病を患っている生徒がいたそうです。
女子生徒は学力が高く、成績は優秀だったのですが、その病気のせいで、入学させるかが職員会議になったんだそうです。

職員会議の中で、何かあったら責任が持てない、病気のある状態で入学して、他の生徒が動揺するのではないか。などと、ほとんどの教員が女子生徒の入学を反対していた中、Y田先生は、責任は自分が持つ、家族とも常に連絡を取り合うようにするからと、女子生徒が入学できるよう他の先生を説得し、女子生徒の入学が決まりました。
後日、女性生徒の母親からY田先生に泣きながらお礼の電話があったそうです。

女子生徒は母親に「A学園高校の制服が着たいから、入院も手術も頑張る」と言っていて、「だから、絶対に合格してあの制服を着る」と頑張っていたのだそうで、合格を知ると、最近では見られなかった笑顔でよろこんでいたそうです。

いよいよ来月、待ちに待った入学式が後2週間後に差し掛かったある日、職員室の電話がなりました。
電話の相手は、女子生徒の母親からでした。その内容は、女子生徒が昨晩、亡くなったという連絡でした。

Y田先生も愕然として、しばらく体に力が入らなかったそうです。

Y田先生も愕然としての画像

気落ちする中、その日自宅に帰ると、見覚えのない小さな箱が食卓に置いてあったそうです。家族に聞いても、誰も知らないと言います。
何かと思い、手に取ると、カタカタと音が鳴りました。
箱を開けてみると、中には何もなく、空っぽでした。
Y田先生は、なんとなく捨てられなくて、自分の書斎の引き出しにしまったそうです。

次の日、女子生徒の母親が、Y田先生を訪ねて学校にきてお願いをされたそうです。
「入学式前だが、どうしても着たかった制服を着せて、火葬の前に、学校の周りを一周まわらせてもらえないか」というお願いだったそうです。
Y田先生は「もちろんいいですよ。他に何かできることがあったらおっしゃってください。」と伝えたと言っていました。

そして、その日も帰宅すると小さな白い箱が食卓に置いてあったそうです。
振るとカタカタ音が鳴るのに、何も入っていない。
念のため、引き出しを見てみると、一つはちゃんと引き出しに入っていて、小さな白い箱は2個になりました。

不思議と怖いとは思わなかったそうです。
小さな白い箱は、その次の日も置いてあったそうです。
中身は、やっぱり何もない。

箱が置かれるようになって4日目、少女のお葬式も終わり、約束していた通り、制服を着て学校の周りをぐるっとまわったそうです。

4日目にY田先生が帰宅すると、もう小さな白い箱は置いてありませんでした。
引き出しを開けてみたら、3つあるはずの白い箱は無くなっていました。
どこを探しても、家族に聞いてみても、白い箱は出てきませんでした。

Y田先生は、「今になって思うと、女子生徒が何か気持ちを伝えたくて届けてくれたのかもなぁ」と話していました。
今でも、本当のところは分からないそうですが、私は、きっと女子生徒がY田先生にお礼を伝えたくて置いていたんじゃないかなと思います。

-感動する心霊体験談
-