怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

感動する心霊体験談

最期の挨拶に来てくれた上司。ありがとうございます

その日は朝から不思議な日でした。
定期的な数ヶ月に一度、A上司が日帰りで地方へ出張に行く日。
朝、自宅から真っ直ぐ地方へ行き、夕方会社に戻る…それが毎度の事でした。
几帳面な性格で、朝会社に寄らずに済むよう、前日から念入りに持ち物を確認していた事をよく覚えています。

私が出勤すると女性職員が『今日、珍しかったの!』と。

最期の挨拶に来てくれた上司。ありがとうございますの画像

何が珍しかったかというと、今まで出張へ行くのに忘れ物をした事がないA上司が、うっかり忘れたそうで早い時間に会社に寄ったらしく。『へぇー珍しいですね』と笑って話していました。

午前中はよく電話が鳴り響き、ほとんどA上司宛。
本日は出張で帰社は夕方ですと先方に伝えると、どの方も戻ったら電話を欲しいとの事。

上司が帰ってくる頃、私は自宅へ帰る時間なので電話の度に、机の上にメモを置いておきました。
そのメモを改めて見ながら、今日はやたらA上司に電話が来るなーと少し違和感を感じ独り言を言っていると、私の隣席の人が、いつもはないメモの多さを『本当だね…』気づいたようでした。

『今日は何故みんな ""A上司、A上司"" なんだろ??(笑)』と、ふざけ半分で言うとそれがキッカケで、今度は事務所に居る皆んなでA上司の楽しい話になりました。
『今頃、クシャミしてるかもよー』なんて事も言っていました。
私はそのクシャミと言う言葉で思い出したのですが先週、A上司がおかしな事を言っていました。

ーやたらA上司がクシャミをしていた日の事。
休憩室に居た私の元にA上司が薬を飲みにやってきました。『花粉症ですか?』と聞くと、どうも風邪をひいてしまったようだとの事。出張もあるし、週末は家族で旅行に行く予定もあったようで、『風邪薬を飲んだら眠くなるんだっけ?』と聞かれ、極力は危ないので車は運転しない方がいいですよと伝えると、突然

『俺、死ぬんだ!(笑)』と。

ものすごくビックリしました!普段、冗談でもそんな事を言った事がない人で、性格も明るく朗らか。
意外な言葉に、私は一瞬固まり『何言ってるんですかー』と何故か焦る始末。返答に困るとはこの事です。

そのおかしな発言があった事を、事務所で皆んなと話し。あの時は珍しいからビックリしたよーなどと笑って話していました。
午後から私は仕事を終え帰宅。
家で遅い昼ご飯を食べ、夕方前に入るドラマの再放送を居間で観ていました。
家の間取りは居間の角にテレビがあり、私は左斜めにテレビを観る位置に座っており、正面には玄関ホールへのドアが。暖かい日だったので、そのドアは開けっぱなしにしていて、その先には2階へ続く階段の折り返しな踊り場までが視界に入ります。

好きなドラマだったので真剣に観ていましたが、私の右側の視界。
丁度、階段の踊り場辺りに何か黒いものがある事に気がつきました。

…A上司のヘアスタイルな人の顔みたい(笑)

無意識にそう感じました。
テレビから目線を外さず、視界の影について考えました。

「何これ?顔みたい…あの前髪の感じ、A上司にすごく似てるな。って、いや!顔な訳ないよね?(驚)
光の影?黒い物?階段に何か置いたっけ?
いやでも、この位置は階段に物を置いているというより……壁に掛けないとこの位置にはならないよ? 」

だんだんドラマに集中出来なくなり、ドキドキしてきました…。怖いというより、分からない焦り。

だんだんドラマに集中出来なくなりの画像

ちなみに我が家は子供がいるので、一時的でも階段に物は絶対置かないのです。
何度もテレビを見たまま、視界の中のぼんやりしたモノの形を確認しました。

やっぱり、顔っぽい!
それに前髪、メガネかけてる感じ…
やっぱりA上司っぽい!!
でも、顔を丸出しにしている感じではなく、ひょっこり壁側から覗いてジッと見ている感じ。

私、普段からダメなんです。
夜中に暗がりで物音がしたりすると、確認しないと気が済まないタイプ。分からないままって、逆にコワイ!
この時の顔のようなモノも、やっぱりガッチリ見ることを決断しました。
そう決めると、少し汗が出てきて…せーのっ!と思い切って見ると、

…階段には何もありませんでした。いつもの階段の様子です!
ちょっと油汗かきましたね(涙)
ホッとしましたが。

物が置いたり掛けていたとしたら、また同じように戻して見たら視界に映るはず。
それに、勇気を出して顔を階段に向けただけなので、私の座ってる位置からは一歩も動いてません。
試しに何が顔のように見えてしまったのか、またさっきのようにして見ても顔のようなモノはおろか、黒い影も何度やっても全く視界に映らなかったのです。
一体なんだったのだろう…としばらく不思議でしたが、目にゴミが付いてただけと言う事で片付けました。
家に帰ってまで、A上司な1日で不思議だなぁなどと思いながら、ドラマも終わり夕方を迎え晩御飯の支度を始めました。

そんな時、携帯に会社の女の子から着信が。
それもまた珍しいなと思いつつ元気に電話に出ると、何故か無言。
もしかしたら間違ってかけてきたのかなと、何度も『もしもーし!(笑)』と叫ぶも一向に喋らず。
やっと『あ…』と一言発したので、『どうしたの?』と笑って言うと…

A上司が会社に戻る途中、事故に会い病院へ運ばれ、ついさっき息を引き取ったとの事でした。
直後でそれ以上の詳しい話も全く分からない状態でしたが、とりあえず分かっている事だけでも、先に1人帰ってしまった私に連絡をくれたそうです。
すっかり気が動転しましたが、電話を切ってさっきの視界にあった階段の顔。
もしかして、最期の挨拶に来てくれたのかなと思いました。

その後、亡くなった後のもろもろの手続きで、死亡診断書や警察の調書のコピーを見る事に。

事故にあった時刻、亡くなった時刻が書いてありました。ほぼ即死状態ではあったのに、事故から2時間後に逝ってしまったみたいです。
亡くなった時刻は…丁度、私が階段の顔に気付いた時刻。ドラマの終わり頃の時間なので、鮮明に記憶しています。

他、会社の人達はその日皆んなたまたま事務所に居たけど、私だけ会社におらず。
皆んなは会社で見る事が出来たかも知れないけど、そこに居ない私に会いに来てくれたのかな、と今でも思っています。

-感動する心霊体験談
-