怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

S市に旅行に行ってきたときのちょっと不思議な話

私は北海道に住んでいる20年代の会社員です。私には中学生の頃からの付き合いで、社会人になった現在も、都合が良いときはお互いの家に泊まりに行ったり、街へショッピングや映画館へ出掛けたりと仲良くしている親友がいます。

彼女はちょっぴり天然ボケなところがあり、そこが大変好ましいのですが、先日その親友と一緒に旅行に出掛けた際に少し不思議な体験をしました。

S市に旅行に行ってきたときのちょっと不思議な話の画像

とても些細なことなので、怖いというよりはびっくり、不思議、ちょっと笑っちゃう、という感じのおかしな出来事です。旅行は二泊三日、お昼の飛行機に乗って現地へ到着し、とりあえずホテルへ向かいました。

ホテルは駅のすぐ近くだったので、その日はご飯を食べ、駅のショッピングモールを散策し、夜に少しお酒を飲んでホテルに戻りました。いい気分でシャワーを浴び、ふかふかのベッドに潜り込みます。

掛け布団が軽くて気持ちいい、いやもう少し重たい布団のほうが好き、等と言い合いながら、寝る前に少しテレビを見ることにしました。

やはり地元ではやっていないローカル番組もあり、大変興味深かったです。そうしている内に、とある番組で面白い裏技が紹介されていました。靴下等に付いている商品タグを、ハサミを使わず一瞬で取るという裏技です。

プラスチックの細いところを摘まんでくるくると回せばねじり切ることが出来るそうで、そうなんだ!と私と友人は感心していました。友人はタグが付いたままの新しい靴下を持ってきていたらしく、明日履くときにやってみる!と意気込んでおり、私も友人が靴下をくるくると回すを見るのが楽しみで、ふたりでわくわくしながら眠りにつきました。

無計画で成り行き任せな旅行で、ふたりともとりあえずS市の観光名所をふたつくらい見れれば良いよね、というスタンスだった為、翌朝は特に早起きすることもなく、目を覚ました後もしばらくベッドでだらだらしていました。

無計画で成り行き任せの画像

ようやく10時頃に起き上がり、私が歯を磨いている間、友人は着替えをしていました。ユニットバスから戻ると、友人は何だかおかしな顔をしていて、どうしたのかと尋ねると、「ねぇ、靴下のタグいじった?」と聞いてきました。

靴下のタグ?友人の荷物を勝手に触ること等しない為、いじってなどいません。そう伝えると、友人は「そうだよね~…」と曇った表情のまま、立ち尽くすばかりです。タグが一体どうしたのか、昨日回して取るのだと楽しみにしていたのでは、と聞くと友人は、「荷物を準備するときに、確実に靴下は新品のものを持ってきた。

タグが付いたままのやつ。なのに、この靴下、タグが取れてる…」…ええー!!びっくりしました。ふたりで部屋の中を確認し、ゴミ箱も見てみましたが、タグはありませんでした。まだチェックインした翌日なので、朝の部屋の清掃も入っていません。友人は絶対にタグ付きのものを持ってきたと言うし、何だこれは、心霊現象?それにしてはスケールちっさ!!としばらくふたりで騒いでいました。

タグを回して取る裏技を試すことは出来ませんでしたが、まあいいや靴下はあるし、と着替えを終了させ、ホテルを出ました。その後は特に何事もなく観光してご飯を食べ、夜は夜更かししてケンタッキーを食べながらホテルの部屋でネットフリックスで映画を二本観ました。

北海道に帰って来る頃には靴下のことは忘れてしまっていたのですが、ついこの前遊ぶ機会があったので、家にタグ付きの靴下あった?と聞いてみました。タグ付きのとそうでないのを間違えて持ってきていたのでは?と思ったのですが、家にはなかったそうです。

というより、タグが付いていないものは旅行に行く前に洗濯していて、なので新品を持ってきていたそうです。確実にタグ付きのを荷物に入れたのに、あの日はタグがなくなっていた…これを聞いたとき、怖い~!と震えてしまいました。スケールが小さくて不思議だけど、ちょっぴり怖い旅行のエピソードです。

-恐怖の心霊体験談
-