怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

真冬に道を歩く子連れ白いワンピースの女性

数年前の真冬の寒い時期に、友人の実家に遊びに行った時の話です。友人の実家は、埼玉の田舎にあり、周りは田んぼだらけのところです。街頭も少なく、コンビニも近くになく、夜は歩いて外に出るととても暗いところなので、どこへ行くにも車でないと行けないところでした。

みんなでよく友人の実家で遊ぶことが日常でした。

真冬に道を歩く子連れ白いワンピースの女性の画像

映画やテレビを見たり過ごしていて、深夜になりおなかがすいたので、コンビニへお菓子など買いに行こうという話になり、友人の車で出発しました。

道はメイン通りに出て来てから行くと、遠回りになるので、田んぼ道を使います。よく友人の家には集まるので、お決まりの通り慣れた田んぼ道です。

その日はとても寒かったのを覚えていています。家を出てしばらく行くと、先に人がいるなぁと言うのはわかりました。

だんだん近くなり、通過したあと、運転している友人が、言いました。こんな寒いのにワンピースを着ていなかった?しかも子供と手を繋いで歩いてたよね?と。

私にもそう見えました。そぉいわれれば、この時期ワンピース一枚なのはおかしい。しかもこんな夜遅くに子供と歩いているなんて。友人は更に、このへんの近所にあのくらいの小さい子供がいる家はない、と。

しかも抜け道もない、近くに家もお店もない一方通行の田んぼ道を、歩いてるのはおかしいと。

しかも抜け道もないの画像

言われてみればその通りです。通りすぎた一瞬のことで頭はまわらなかったけど、何十年もここに住んでいて、隣近所のことを知り尽くしている友人がいうんだから、明らかにおかしいのはわかりました。

でも、それと同時に、幽霊なんじゃないか?という恐怖心もうまれました。友人と、怖いけどやはり気になる、戻って確かめようという話になりました。

一本道の田んぼ道なので、Uターンができず、やっとあった民家てUターンをしました。あの場所からこの民家まで家はありません。抜け道もありません。ドキドキしながら、来た道を戻りました。

時間にして、数分しかたっていないのですが、やはりさっき見た白いワンピースの女性と子供の姿はありませんでした。二人とも怖くなり、コンビニには行かす、友人の家に戻り過ごしました。昼頃まで寝ていた私たちは、さすがにお腹がすき、出掛けることにしました。

昨日あったあの出来事は忘れ、何を食べようなどと話ながら車に向かって、車に乗ろうとしたとき、昨日夕飯を食べた後洗車をして、ピカピカのはずの車のフロントガラスに、大人と子供だと思われるの手の跡が、びっしりと付いていました。やはり幽霊だったのだと気付き、お祓いをしてもらいました。

-不思議な体験談
-