怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

あの日、おじいちゃんも一緒にしたかったのかな?

私の母は霊感が特に強いという訳でもないのですが、たまに波長が合ってしまうのか霊が見えてしまったりすることや、何か音が聞こえてしまうことがあるそうなのです。これは、そんな母があの日見たという出来事の話です。

私の地元というか、私の暮らす県にはお盆に親戚の家を周り仏壇にお参りをするという習慣があります。

あの日、おじいちゃんも一緒にしたかったのかな?の画像

私がまだ小学生の時、お盆になってうちの仏壇にお参りに来たはとこのお父さんが花火セットをくれました。年始のお年玉のようにちょっとしたお小遣いをくれる親戚や、はとこのお父さんのように夏だからと花火等をくれる親戚の方もいます。

花火もずっと置いとくとしけてしまってしないまま捨てるのももったいないし…とその日の夜、私の家には庭がないので近所の公園に花火をしに行きました。

久しぶりの花火で、すごく楽しくてずっとはしゃいでたのを覚えています。途中から母が変なことを言い出すまでは。
セットの中の花火が残り3分の1くらいになった頃母が、
「ねぇ、あそこにいる人って」
と 母が見つめる方を見ても、そこは街灯の明かりしか見えません。

「お母さん何言ってるの?あれ電気じゃん」
と 言うと「え、あそこ」と母が指を指しました。

でも、私には何も見えていないのです。「何もないよ?」と言ったら母はそこで、「気のせいだったみたい」と笑ったのが「ほら、まだ残ってるよ」と言いながら笑ってたのが、子どもながらにわざとらしいと感じました。

花火セットの花火を全部やった後、後片付けをして家に帰りました。

花火セットの花火を全部やった後の画像

その日の寝る前に、母に聞いたのです。
私と母は寝る部屋が同じでした。
「お母さん、あそこになにかいたの?」

と聞くと、「こんな時間に散歩かなぁって思ってたの」
と 母が話し始めました。

母が見たのは、着物姿のおじいさんだったそうです。
杖をついたおじいさんが、じーっと私達を見つめていたそうです。夜だし、うるさくて出てきたのかな…と母は誤りに行こうか迷ったそうです。でも、母はそのおじいさんに見覚えがあったそうです。

見たことあるのになぜか思い出せない…誰だろうと考えている間にそのおじいさんはいなくなってしまっていたそうです。そこで母は散歩にしろ、うるさいからって注意しに来たにしろ、公園の近くに家が無いことに気付いたそうです。

そして家に帰って、あのおじいさんが誰か分かったそうです。「1階の仏間の写真の人、あなたが生まれたばかりの頃に亡くなったおじいちゃん」と母は言っていました。先祖がお盆に帰ってくると言いますが、本当に帰ってきてるし本当に家族のことを見ているんだなぁと感じました。

-不思議な体験談
-