日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

だれもいない保育園で聴こえてきた謎のシャー

夏のある日の夜、
残業で保育園2階の自分のクラスで1人残って仕事をしていると
なんか生あたたかい雰囲気を感じるようになり、
気味悪なーと感じはじめた

自分は、霊感もなく
今まで見たことも感じたこともなく
見えないし、何もないと思って今まで生きてきた。
だけど、心霊現象、心霊スポット、心霊写真などの話にはとても興味があり、友達などからの話や体験談を聞いたり、心霊スポットを教えてもらい、ドライブに行ったり、心霊に関するテレビや本があれば、録画したりして何度も見るくらい興味があった。
弟も霊感はないが、心霊関係に興味を持ち、番組を教えてもらったり、怪奇現象やUFOに関する話題などでもりあがることもあった。

そんな自分が
その日、疲れとかもとくになく、普通にパソコンの仕事をしていた。
すると、『シャー』っと音がした。
続けて『シャー』と何かが閉まるような音がした。
なんだろうと思いながら仕事に集中していると
また、『シャー』と音がした。
今度は少し大きめな音だったので、はっきりと誰かが音をたてているだろうという感じでした。

でも、なんの音だろう?とっさに考えてしまい、
すぐに思いついたのがカーテンをしめる音。
でも、カーテンあったかなーっと想像してみると
1階の事務室、赤ちゃんのいる離れた保育室の2つ。
どちらが近いかと言われたら、事務室。
でも、誰がいる?
いやいない。
下に一応おりてみた。

やはり誰もいない。

気のせいか

近所から聴こえてきたのか

自分にそう言い聞かせながら
2階に戻って仕事をしはじめた。

すると、
しばらくして
また、『シャー』とはっきり聴こえた

これは、確実に室内、同じ施設からだ
と確信にかわった。

体に鳥肌がたつと同時に
心臓の動機がどんどん大きくなってきた。

やばい、早く帰らないと。
そう感じた

でも、怖さと気味悪さで体が、なんか重い。
でもかえりたい。

俺何も悪いことしてないから
やめてくれーと心に言い聞かせるばかり。
怖くない、怖くない。

そう思って
しばらくすると

いつの間に音はしなくなり

重い空気も感じることはなくなった。

やっと帰れると思い、急いで支度をして
帰り道は運転に本当にナイーブになりながら帰宅した。
その日は、誰にもその出来事を話さず、
次の職場の同僚に話した。

みんな驚いていたが、
霊感のある先生は、あーやっぱりと言っていた。

それからは、一度も同じ音は聴こえたことないし、不思議体験もない。
いったいなんだったんだろう?

そう感じながら

今にいたる

-不思議な体験談
-