怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

笑える心霊体験談

「見えない誰か」との一夜。先輩を襲った騒音の正体とは!?

大阪から寝台列車に乗って、ミステリーツアーのスタート地点となる青森へ。到着するとまずは、適当なビジネスホテルを見つけて予約しました。女子旅ですから、ツインの部屋を確保したかったのですが、その日はちょうどシングル2室しか空いてないとのことでした。チェックインして、まずは各自の部屋へ荷物を置き、街へ繰り出そう!ということになりましたが…。

20年ほど前、「ミステリーツアー」と称して同業の先輩と東北旅行に出かけた時のことです。

見えない誰かとの一夜。先輩を襲った騒音の正体とはの画像

私は、部屋のドアを開けた瞬間、なんとなく地下室のようだと感じました。手前にベッドがあり、正面奥には自然光が降り注ぐ窓、その下にソファが配置されているのですが、暗くてじめっとした感じがするのです。
先輩の部屋は廊下に沿って同じ並びでしたが隣同士ではなく、私と先輩の部屋の間にひと部屋挟んでいました。

部屋の雰囲気が気になったので先輩の部屋へ行ってみると、当然同じ間取り。正面の窓からは燦々と陽の光が差し込み、とても明るい雰囲気でした。
思わず、「私の部屋、地下みたいな感じなんですよね…」とつぶやくと、「もうやめてよ!怖いこと言わんといて!」と先輩。この旅の最大の目的は、座敷わらしの出る宿に泊まることなのに、彼女はとても怖がりだったのです。

さて、その後、私たちは晩ご飯を食べに出かけました。初めて訪れた街を散策。演歌に出てくるような居酒屋では、“あちらのお客様から”とおじさんグループから瓶ビールをいただいたり、カラオケBoxで大声を張り上げたり…。楽しい時間はあっという間で、気づくと深夜0時前でした。
タクシーでホテルに戻りましたが、車中、私の気分は重くなっていました。
やっぱり、あの部屋が怖かったのです。

寝る前に、先輩の部屋で翌日の予定を確認し合っている間も、頭のなかには『フロントに部屋を変えて欲しいと申し出るべきか…いや、こんな夜中に迷惑だし…そもそも、今日はこの2室しか空いてなかったんだっけ…、先輩、部屋変わってくれないかな……』と、部屋のことがグルグル回っていました。

そして、「明日も早いし、もう寝よか」と先輩。私は遂にこの時が来たかと観念しましたが、口をついて出た言葉は「おやすみなさい」ではなく、「あの部屋、怖いんですよね…」。
「もう!やめてって言ってるやん。怒るよ!早く寝よう!」と先輩に追い出されました。

部屋へ戻ると午前1時を過ぎていました。

部屋へ戻ると午前1時を過ぎていました。の画像

静けさに耐えられずテレビをつけてから、シャワーを浴び、髪を乾かし終えたころでした。
《トントン、トントントン、トントントン…》
ドアがノックされたのです。
私は、怖くなった先輩が眠れずにこちらに来たのかと思いました。とても嬉しくて、「はーい!」と声を上げてドアへ駆け寄りました。
勢いよくドアを開けると…。
ハッ!としました。

ドアノブを握って押し開けた脇の下を、見えない何かがサッとすり抜けたのです。
部屋を振り返っても、“見た目に”は誰もいません。
でも、確かに人の気配がする!
ソファに“誰か”が座っているのが分かるのです。
そこからの行動は、自分でもよく分かりません。

何故か、そのソファの上に洋服や化粧品など持ち物をずらりと並べました。おかしな人の気配を消したかったのかもしれません。
時刻は午前2時を過ぎていました。テレビの番組も終了していたので、ラジオをつけてベッドへもぐりこみました。
でも、ソファが、いえ、人の気配がとても気になり布団から顔を出して見てみると、やはり、“誰か”がうつむき加減に座っています。
私は眠れませんでした。怖過ぎて、逆にその人影をにらみつけ、じっとしていたと思います。

窓の外がうす青くなり、小鳥のさえずりが聞こえてきたころ、スッと人の気配が消えました。
それから、3時間ほど眠れたと思います。
チェックアウトをして、ロビーで先輩と落ち合いました。先輩は開口一番、
「ちゃんと寝られた?私、全然寝られへんかったわー。フロントに文句言うたろかと思ったけどさぁ、夜中やしなぁ」。
私は驚いて、「何があったんですか?」と尋ねました。

すると、「え?うるさかったやん、私たちの間の部屋の人」というのです。
しかし、私の部屋に“見えない人”の訪問はありましたが、とても静かに座っていただけ。小さなラジオの音しか聞いていませんでした。
先輩曰く、「家具とか投げてはったと思うで。ベッドの壁にものすごい音で物がぶつかって来たし。夫婦喧嘩かなぁ。ドアも何回も開けたり閉めたりしてはったよ。聞こえへんかった?」。
あぁ、間違いない!私たちの間に挟まれた部屋で、過去に何かがあったのだろうと思いました。
きっと、あの“見えない人”は、恐ろしい喧嘩から私の部屋へと逃げてきたのでしょうね。

-笑える心霊体験談
-