日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

数年前に家族と三重に旅行に行った時の恐怖の体験談

私は家族で三重県に旅行に行きました。三重県には何度か旅行に行き、同じホテルに泊まる事が多かったのですが、今回は違う所に泊まってみよと言うことになり、海側で海が一望できる某有名ホテルに予約を取り、泊まりに行きました。

いつもより長旅でしたので、ホテルに着いてから、ゆっくりしてお食事して、温泉に浸かりにいきました。雰囲気もとても良く、ファミリー層や夫婦やカップルが沢山いて、にぎあっていました。

とても、そんな怖い事が起きそうにない場所で、沢山の人たちが旅行に来ていて、有名なホテルですから、あんな事は起きるわけがないと思うほど、いい所です。たまたま出てしまったのか、波長があってしまったのか、あの部屋だけなのか、わかりませんが、あの夜の体験した事は忘れません。それでは、あの体験したお話を始めます。

温泉から出て、1階のロビーの所にお土産をおいてる店とコンビニが入っていたので、せっかく旅行に来たのだから、お酒を買って部屋で寝るまで家族とお酒を飲もうとコンビニでお酒色々と購入して、部屋に戻りました。

部屋に着くと、もう23時を超えておりました。

今日は疲れているし、飲んだら寝ようかとなり、家族それぞれで好きお酒を飲み、たわいのない会話して時間が過ぎていきました。家族はみんなお酒酔いが早く疲れているせいか、ちょびちょび飲んでいる割にはかなり酔っており、時間も時間でしたので、ベッドで寝かせて行きました。最後に私が残り、私はまだお酒が足りなかったので、残っているお酒を全て飲みました。

普段から、あんまり酔うことありませんが、この日は疲れてせいか、眠くなり、お酒の力でそのまま寝てしまえと思い、ベッドに入り寝てしましいました。
そして、少し時間がたった頃、シャワー室から、水が出る音が聞こえて、目を覚ましました。私は入口側に寝ており、ドアを開けたら、真正面に玄関で、右側にトイレ、左側にシャワー室があります。

最初は朝が来て、誰かが朝シャワーをしているものだと思っていたのですが、時計をみたら、夜中の3時回った所でした。確か私が寝たのはちょうど2時くらいだったので
1時間くらいしか寝てなかったのです。

夜中の3時間にシャワー?と思い、横を見るとみんな寝ておりました。では、なぜ、こんな時間にシャワーの音?と思い、まさか、誰かトイレと間違えたかなと思い、おきて、ドア開け、シャワーの方に向かいました。

シャワーの方から確かにシャワーの出ている音がしてでも電気は消えていました

電気をつけ、シャワー室のドアを開けると、シャワーがだしぱなしになっていました。あれ?おかしいなと思い、蛇口を消して、電気を消し、部屋を戻ろうとしたら、またシャワーの出る音がして、これにはびっくりして、その瞬間寒気が走り、恐怖が走りました。

今消したはずのシャワーがまた出始めて、立て付けのわるいわけでもなく、結構新しいので、そんなはずはないのです。怖くなり、家族を起こそうと、部屋に入ろとした瞬間に誰かが通る気配がし、後当たりに人の気配を感じました。でも振り返る勇気もなく、あわてて、部屋に入り、ドアを閉めました。

いきよいよくベッドに入り、布団の中に入りなんもない、なんもないっておもいながら、目を閉じていたら、ドアがゆっくり開く音がして、誰かが入ってくるのがわかり、私に近づいてくるのです。

私は怖くて、怖くて、なんで、なんにもしてないのに

それなのに、私に近づいてくるのです。そして、私のベッドの横まできたら、立ち止まり、じっとして動かないのです。私はもうどっかいって、お願いと叫び、家族に聞こえるくらいおっきい声で叫びました。

そしたら、気配を感じなくなり、消えたかと思い、ゆっくり布団から顔を出すと、そこには顔が真っ暗な女性がたっておりました。もう私は恐怖で叫び、それに気づいた家族が、飛び起きて、電気をつけてくれました。

私は動く事も出来ず、電気を付けた瞬間に、女性はいませんでした。ドアは開いたままでしたが、シャワーは出ていませんでした。私は怖すぎて、家族に話しましたが、家族は見ていませんし、私がただ叫んだ声にびっくりして、起きただけと言われて、幽霊何かいないと言われ、信じてもらえませんでした。フロントに着いてきてもらい、確認しましたが、そんなお話は聞いた事ありません、と言われ、私の勘違いと言われました。

だけど、私はハッキリ見ました、顔は真っ暗な女性をただ何がしたかったのか、言いたかったのかはわかりません。いまだに分からずじまいです。あの体験は忘れる事はありません。

-恐怖の心霊体験談
-