怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

学校の階段には要注意してください。危ないです。

みんなには見えない物が見えるようになってから、日々を過ごすのが辛かったです。
誰も理解してくれない。嘘をつくなと言われる。
そんな日々が続き、鬱ぎ込む日が続いていきました。
ある日、いつものように通学路を歩き、家までの道を歩いていました。

黒猫が巻き込まれた幹線道路は通学路でしたので、あまり道路の方を見ないように歩いていました。

学校の階段には要注意してください。危ないです。の画像

「今日はなんだかおかしい…。」
いつも見えてる、見たくない物が少ない。
見えないのは嬉しいことだけど、急に見えなくなると、言い様のない不安感に襲われる。

事故で亡くなったのか、地縛霊なのか、いつも同じ場所にいる女性の霊が建物の隙間から私を見てる。
極力見ないように、気付いてないように、歩きました。
背中と手は、びっしょりと汗が吹き出てくる。
今日は、心地よい日差しなのに…。

怖くなり、走って住んでいたアパートのエレベーターに飛び乗りました。
でも、エレベーターの雰囲気がおかしいんです。
当時私が住んでいたのは7階。
「早く!早く!」
とはやる気持ちを抑えられませんでした。

すぐに降りられるように、エレベーターの前方に立っていました。
すると、後ろで物音がします。人の気配もします。
誰もいなかったのに!
恐る恐る振り向くと、自殺者でしょうか?

身体がグシャグシャになった人が乗っていました。
人は恐怖が最高潮になったら、声なんて出せません。
その人は、私に気付き、手を伸ばしてきました。

もちろん逃げる場所なんてありません。エレベーターの中の完全な密室状態。

もちろん逃げる場所なんてありませんの画像

どんどん近づき、もう少しで手で掴まれる!という時
つむじ風が起きました。
でもここは、エレベーターの中です。

そのつむじ風は、あの霊を吹き飛ばしました。
安心したのも束の間で、つむじ風は私にジリジリと近づいてきました。
また恐怖にかられます。
逃げようにも逃げれない。

もうすぐ7階に着くという所で、つむじ風は私の右膝に当たりました。
激痛が走りました。
7階に着いて、右膝を見ると、膝はぱっくりと割れていました。
不思議と痛みもなく、血は一滴も流れてきてませんでした。
膝がぱっくりと割れた事で歩きづらくなりました。

母は私の膝を見て、病院に連れて行ってくれましたが、
その後、お寺かどこかに連れて行かれました。
あとから「カマイタチ」に襲われたのだろうと言われましたが、本当にそうだったのかどうかわかりません。

ただ、私の右膝には、当時の傷が今でも残っています。
カマイタチよりも、私に手を伸ばしてきたあの霊の方が今でも怖いです。

-恐怖の心霊体験談
-