怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

病院勤務中に経験した、リアルな心霊体験。

大学を卒業してすぐ、高齢者病院の栄養室で勤務をしていました。
私は新人栄養士として、一日3食、食事を作り、患者さんに届けるのが主なお仕事でした。

ある日、朝食準備の前に、経管栄養剤をチェックしていました。

病院勤務中に経験した、リアルな心霊体験。の画像

これは、患者さん一人一人に合わせて分注されているボトルについて、分量や名前が間違っていないか確認する、重要な作業です。
このチェックを、ある自動ドアの近くで行っていましたが、自動ドアのセンサーに触れないところで行っていました。

集中して作業を行っていると、突然自動ドアが「ウィーン」と開きました。
驚いて見回しても、誰もいません。また。自動ドアのセンサーに触れる範囲には、何も物は置いていませんでした。

「なんで開いたんだろう?故障かしら?」と不思議な気持ちで見ていましたが、そのうち静かに閉まりました。

その後、作業を続けましたが、自動ドアはそれ以降開きませんでした。
経管栄養剤のチェックを終え、各病棟へ届けに行きました。
すると、ある病棟の看護師さんが、私の姿を見て、急いで近寄ってきました。
「栄養士さん!うちの病棟の〇〇さん、さっき亡くなったから朝食止めてくれる?」

そういいながら、食事箋(食事の種類や食止めなどの連絡をする病院の用紙)を渡してきました。

そこには確かに、「死亡退院」の文字がありました。

そこには確かに、「死亡退院」の文字がありました。の画像

私はとても驚きました。
というのも、その患者さんは自力で歩けた方で状態も安定しており、つい前日までしっかり食事を食べていた方でした。
食事中にミールラウンドに行くと、いつも笑いながら「今日もごはん、おいしいよ」と言ってくださる、とてもやさしい方でした。

実はその日は友引で、同じ時間帯に、同じ部屋の患者さんが先に亡くなったそうです。
そちらの患者さんはもともと食事が出ていない、状態が悪い方でしたので、栄養室に連絡はなかったのですが、看護師さんが言うには「今日友引だからね、●●さんが、同じ部屋の〇〇さんを連れて行っちゃったんだね」

と平然と言っていました。
また、亡くなった患者さんのうち、〇〇さんのご家族のおうちが、病室から見て東側にあったそうです。

病室から見ての東側、という方向にちょうど栄養室があり、私が経管栄養剤のチェックをしていたあたりが、通り道にあたるそうです。
看護師さんは、「〇〇さんが亡くなって、ご家族のところへ行こうとして、そこを通って自動ドアを開けちゃったんだね」

と言っていました。
平然と話す看護師さんはベテランさんで、きっとこの程度の経験はいくらでもあるのでしょうけれど、社会人一年目、病院勤務初めての私には、かなり怖い体験でした。

-恐怖の心霊体験談
-