怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

初めての一人暮らし。一人暮らし…のはず

大学へ入学するために初めて地元を離れ、憧れの一人暮らしを始めた。何もかもが新鮮で楽しみがたくさん。毎日が楽しくてしょうがなかく、充実した日々を送っていた。しかし異変はすぐに起きた。

大学でできた友人がうちへ泊まりにきて、夜中布団に入りながら話していると、話の間に笑い声が聞こえた。

初めての一人暮らし。一人暮らし…のはずの画像

確かに同じ部屋の空間から聞こえたが、友人の声ではない気がした。しかし部屋には2人だけ。少し不思議に思ったが、特につっこむことなく話し続けていたら友人から「え、さっき笑った?」と言われた。

友人も同じように違和感を感じていたのだ。一瞬強張ったが、新生活が始まったばかりなのに早速心霊現象だなんて…と思い、2人でそれ以上は考えず、その日は普通に眠った。

同時期に、夕方部屋で1人ウトウトしていると変な夢を見た。夢の中でも同じように部屋で寝ていると、いきなり玄関から知らない人がやってきて、寝ている顔をニタニタしながら至近距離で覗き込んでくるのだ。

私は、こんな夢嫌だ!早く目を覚ませ!と体を起こそうとするが、全く動かず金縛りのように。声を絞り出しやっと飛び起きるように体が動いた。

心臓はバクバクで、もちろん部屋には誰も入ってきていない。しかしその夢はその後何度も何度も見るようになった。

数週間後、地元の友人が何日か泊まりに来た。

地元の友人が何日か泊まりに来たの画像

ある日、私が大学へ行ってる間、友人は私の部屋で1人くつろいでいた。その間、友人が持ってきたお土産の袋が、何度位置を直してもパタン、パタンと倒れたそうだ。立て続けに不思議なことが起きていると、認めざるを得なくなった。

その後も、音楽のボリュームが勝手に大きくなったり小さくなったり、PCが勝手に起動、テレビがついたり消えたりするということが立て続けに起こった。中でも1番驚いたことがある。

その日は1人でテレビを見ていた。すると視界の横で何か動きを感じたと同時にカシャーンという音がした。驚いて窓の方を見るとカーテンが盛り上がって揺れていたのだ。さすがに怖くなり、すぐに部屋を出てコンビニへ逃げ込んだ。

その日はもう1人で部屋に帰る勇気はなく、友人宅へ泊まり、しばらく誰かに泊まりにきてもらっていた。それ以降もたまに不思議なことは起きたが、カーテンのことに比べたら少しのことでは驚かなくなり、なんとか大学卒業までの4年間住み続けることができた。

引っ越した後、泊まりに来た友人の中に少し霊感がある子がいて、「あの部屋にはいたずらっ子がいたね」と、聞かされた。

-恐怖の心霊体験談
-