怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

友人が一人暮らしを始めて間もない夜の出来事

これは、私の友人が去年の春から社会人として働き始めた頃の話です。友人は社会人になると同時に実家を離れ、会社の近くにある社宅で一人暮らしを始めました。至って普通のアパートで、私もたまに遊びに行って、夜中までおしゃべりに興じることもあります。

友人も私も霊感なんてないし、そもそも社宅なのですぐ隣の部屋は知ってる人だし、怖いことなんてなにも起きずに日々平和に過ごしていました。

友人が一人暮らしを始めて間もない夜の出来事の画像

でも、その日は違ったみたいなんです。後から聞いた話なので実際のところはよく分からないのですが、ちょっと怖い体験をしたそうなんです…。

日々の慣れない仕事の疲れから、休日だったその日はご飯もそこそこにして早めにベッドに入ったそうです。

とにかく疲れがたまっているし、疲れていると金縛りになったりすると聞いたこともあります。なので、これが幽霊だったのかは分かりませんが、うとうとし始めたとき、なんとリビングの方から足音が近づいてきたそうです。

もちろん寝室には友人ひとりだけです。足音に驚くも、寝入り端で体がうまく動かず、恐怖から目も開けることが出来ず…。

固まっている友人の周りを、足音はぐるぐるうろうろと回り始めたそうです。ベッドの回りを行ったり来たり、たまに友人の顔を覗きこむような気配も感じたそうです。

怖くて目をつぶっているうちに、なんと友人はそのまま寝てしまったらしく、翌朝の怠さが半端じゃなかったと言っていました。

怖くて目をつぶっているうちに、なんと友人はそのまま寝てしまったらしく、翌朝の怠さが半端じゃなかったと言っていました。の画像

その話を聞いたとき、うわー怖いね!本当に幽霊だったらどうしよう!等と言って笑い飛ばしましたが、正直ぞっとしていました。友人が怖い思いをしたその夜、私は友人宅に泊まりに来ていたのです。

友人は寝室のベッドで、私はリビングに予備の布団を敷いて寝ていました。仕事終わりの金曜日にそのまま友人宅へ行き、その日は泊まって翌日遊ぶという予定です。

互いに疲れていたため早めに寝ていたのですが、まさかそんなことが起こっていたとは全く知らずにリビングで寝ていました。いや、友人の疲れから来る幻覚?風邪引いたときに見る夢みたいな?ものであれば怖くはないのですが、そうとは言い切れないですよね。

実は本当に幽霊が出て、リビングで寝ている私の横を通り、寝室にいる友人の元へ行き、回りをぐるぐるしていたんだとしたら…。普段幽霊なんて信じていない私も、思わず身震いしてしまいました。

いや、私はそんなの全く分からなかったですが、もし本当だったらと思うと恐怖しかないですよね。それからもうしばらく経ちますが、あれから特に変わったことは起きていないそうです。私は、その話を聞いてからちょっぴり泊まりに行くのが怖くなり、寝る前は少し緊張してしまうようになりました。友人の回りをぐるぐるする幽霊、ただの友人の勘違いであったことを祈っています。

-不思議な体験談
-