怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

物心ついた時から、森の精霊が遊びにきてくれます。

物心ついた時から、自分の視界の中に小さくてキラキラひかる、流れ星のような光が見えていました。
このころは、なんとも思っていなかったのですが、気にし始めてから頻繁にその光を見るようになりました。

目の病気かな?なんて軽く考えたこともありましたが、ネットで調べても同じ症状の方は出てこなかったので

物心ついた時から、森の精霊が遊びにきてくれます。の画像

もしかするとこれは私だけなのかも・・・と思うようになり、不安に感じていました。
テレビなどでよく、霊能者さんが黒い光は悪霊で、明るい光は良い霊や守護霊と言っていたのを思い出し、ネットで調べてみると、良い霊や守護霊の見え方と似ていることがわかりました。

当時、側弯症の治療のためにヒーリングに通っていました。

その先生はとてもスピリチュアルな方だったので、気になっていた謎の光の話をしました。

すると先生は、「もしかして、小さい頃に自然を大事にするようなことはしていなかった?たぶん見えている光は森の精霊さんだね。気が付くようになって頻繁に見えるようになったのは、●●(私)が存在に気が付いてくれて喜んでいるからだよ。自然を大事にしてくれてありがとうを言いたいみたいだ。」と仰いました。

それを一緒に聞いていた母がそういえば!とハッとしていました。

私には小さな頃の記憶はそんなになかったのですが、これははっきりと覚えています。

私には小さな頃の記憶の画像

小さなころ、どんぐりが大好きでよく集めて家に持って帰っていました。
持って帰ると怒られるのがわかっていたのですが、とても大事にしたい思いから、どんぐりを箱に詰めて保管していました。
ある日、どんぐりを入れていた箱から虫が湧いて、とてもお母さんに怒られた記憶がありました。

このことから、森の精霊が「自然を大事にしてくれている」と思ったようで、私の周りに遊びに来てくれるようになったということです。
ヒーリングの先生からこのお話を聞いたあと、今までにないぐらい強い光をみるようになりました。

その光は浮遊していて、追いかけてもすぐに消えてしまうのですが、話を聞いた後は私の周りを一周するように、長く見ることができました。

後日、このことをヒーリングの先生にお話しすると、「ちゃんと存在に気がついてくれたから喜んでいるんだね。」と仰っていました。
そういえば、この話を書こうと思い、森の精霊を思い出したところで、最近見ていなかったことに気が付きました。

なんだかさみしいなぁ・・・と思いながら書いていたのですが、今さっき見えました!
本当に不思議な体験です。

-不思議な体験談
-