日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

洒落にならない怖い話

洒落怖の名作「娘の最後の写真」「鼻歌・んーーーーー」

洒落怖の名作「娘の最後の写真」「鼻歌・んーーーーー」を紹介。娘の最後の写真は高校2年の夏休みに合宿に行った話で「鼻歌・んーーーーー」は自宅で起きた怪異の話。どちらも洒落にならない怖い話の名作でゾッとする短編の怖い話を猫が語ります。

洒落怖の名作「娘の最後の写真」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうとおもい、
病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、
三ヶ月ともたずにその子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それを現像に出し取りにいって見てみると、その写真が見つかりません。
写真屋さんに聞いてみると、「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。
不審に思ったお母さんは娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、
「見ない方がいいと思いますけれど、驚かないで下さいね。」と写真を見せてくれました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが
ミイラのような状態で写っていたそうです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
続きます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養してもらうといい写真を持ち帰りました。
それにしても恐ろしい写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。
やはり無理に頼み込んで話を聞ける事になりました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
その霊能者が言うには、
「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
今まで聞いた中で一番恐かった話です。

洒落怖の名作「鼻歌・んーーーーー」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
現在も住んでいる自宅での話。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
今私が住んでいる場所は特に曰くも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、
この家に住んでいれば、恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。
ここ最近ですが、リビングにいると昼夜を問わず、女性の低い声で鼻歌が聴こえてきます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
「ん~…ん~ん~…」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
最初はよ~く耳をすまさなければ気づかないほどに、遠くから聴こえてくるのですが、
放っておくとどんどん近づいてきます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
「ん~…ん~ん~…」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
なので私は、その声に気づいたら、いつも般若心経の最後の部分を繰り返し唱えるようにしています。
(これしか知らないもので……)
とにかく般若心経の「ぎゃーていぎゃーてい」のくだりを唱え続けると、声はだんだん遠ざかっていきます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
このリビングではテレビにも集中できません。
声が聴こえ始めるのは完全に不定期ですし、
早く声に気づいて般若心経を唱え始めなければ、時としてそれは部屋にまで入ってきます。
「ん~…ん~ん~…」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そういえばこの前、大好きなバンドのニューアルバムが発売されました。
発売日を楽しみにしていたので、お店で買った時はもうテンション↑↑
さっそく家に帰ってヘッドフォンで聴いて、一通り聴き終え、
よかったな~と余韻に浸りながらヘッドフォンを取ったら耳元で
怖い話をする猫
怖い話をする猫
「んーーーーーーーーーーーーーーー」って。

-洒落にならない怖い話
-