日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

洒落にならない怖い話

洒落怖の名作「マウンテンバイク」 杉沢村や犬鳴村を連想する都市伝説

洒落怖の名作「マウンテンバイク」を紹介、語り手がマウンテンバイクで出かけると見たこともない、ある村に到着してしまいます。有名な都市伝説の杉沢村や犬鳴村のような都市伝説にも似た、シャレにならない怖い話を猫が語ります。

洒落怖の名作「マウンテンバイク」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
宮崎県に住むものなんですが
先日かなりすごい集落を発見してしまいました
先週の土曜日に友人と2人で、サイクリングに行った時でした。
その日は、今まで行ったことのない方ない方へと道を進んでいこうということになったんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
たぶん場所としては、青島から、北郷町あたりだと思うんですが
道がどんどん狭くなってきて、まず、舗装された道がなくなり、電信柱がなくなり、、、と、どんどん山奥の方に入っていったんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
2時間くらい入ったところで、道が、2手に分かれていて、一方が、なぜか立ち入り禁止の看板があったので、何も考えずにもう一方の道に進んでいったんですが、
それが間違いでした。
その時気づけばよかったんですが、そのときの私達は、散策に夢中でそんなことそっちのけでした。
だって、普通そんなところに看板なんて普通ないですよね。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
数十分くらいたったとき、なんかとっても嫌な雰囲気を感じたんです。
友人もなんかやばいところに入って来てしまった、といっていました。
だって、着物(振袖)が、そこらじゅうに捨ててあるんです。
そこで、私達は、立ち止まったんですが、なぜか行ってみようということいなったんです。
そこからすぐでした。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
ものすごく、というか、この時代にというべきかもしれないんですが、
廃墟のような家が、4軒あったんです。
これはやばいと思った私達は、引き返そうとしたその時、
かさかさ、と、おとがして、見ると、髪がぼうぼうのおばあさんが、
こっちを見てました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
冷静さを失った私達は、逃げるようにしゅっぱつしたんですが、
後ろから、なんていっていいのかわからないような、声が聞こえてきましたが、
それどころじゃなく、アスファルトのあるところまで、一目散に逃げてきました。
本当に怖い経験でした。
今日、その友人ともう一度、そこにいってみます。
新しいことがわかり次第、報告します。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
昨日は、先日帰ってきたほうから、向かうことになりました。
今回は、場所を明確にするため地図をもっていきました。
まず、椿山の方から、北郷町方面に向かいました。
椿山は、基本的に道は一本なんですが、のぼりが終わり、くだりが始まるといくつか小さな道が出てきます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
その中で、私たちが行ったルートは、くだりの途中で、川があるんですが、
そこをわたったすぐのところを川沿いに進むことになりました。
そして、かなりの獣道を行くこと40分、その間は、昼間だということもあり結構楽しかったです。
その後、急に川が小さくなり、とうとうなくなったあたりから、周りがうっそうとしてきます。
そしてそこから、25分くらい行ったところの左側です。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
ここからが、問題の道なんです。
というのも、ここまでは、すごい細い道として、地図にも載ってるんですが、
この先が、書いてある地図はきっとないのではないでしょうか(未確認ですが)
その道に入るときすっごい勇気が要りましたが、
この前より早い時間だったことも私たちを助けてくれたと思います。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そこから、森の中に入ること10分くらいすると問題の分かれ道なんです。
とりあえず、立ち入り禁止の方じゃないこの前の集落の方に行こうか、ということになったんですが、
今回の二人のコンセプトは、
1:あの集落は、どういうものなのか
2:なんでこんなところに住んでるのか(不便なのに)
3:着物のなぞ
を追求しようということになっていたため、もしそこの住人と会っても、今度は逃げずに、迷って入ってきてしまった風を装いつつ聞きこみをしてみようということでした。
そして、進むこと5~6分、着物がいっぱい捨ててあるところにきました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
この前はそれを見たとき、てっきり死体がその下にあるとばかり思ってましたが、そうではありませんでした、
でも、その着物は、どれもものすごく古臭く、汚くてここ最近の時代のものには見えませんでした。
しかも数は、遠くから数えたら、4枚でした。その中に子供サイズが一つだけあったのも怖かったです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
本当は、この時点で、もう怖くて引き返したかったんですが、
友人が、率先していこうとするので、ついていきました。
ちょっと開けたところにこの前ばあさんがいた家がまず一軒見えてきました。
そして、そこに近づくとその家には人が住んでないことが明らかでした。
中にはわらみたいな草を乾燥させたものや、木の破片みたいなものがありました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そして、その次の家がすぐあるんですが、そこは、どうも人がすんでるようだったんですが、
人の気配がまったくなかったため、すごい近くまで行ってみると、
大き目の窓があったんで、中をのぞいてびっくりしました。
ばあさんがいたんです。怖くなって少し離れたんですが、どうも寝ているようでした。(死んではいなかったと思います、思いたい、、、)
怖い話をする猫
怖い話をする猫
かなり怖くて、私たちはまた逃げるように分かれ道のところまで戻りました。
そこで、しばらくの間、友人とどうしようか話した結果、起こすのはやめようということになり
立ち入り禁ずの看板の方に徒歩で、行くことになりました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
立ち入り禁止の看板の方を進んでいったんですが、、、
ちょっと、、、、、、
こういうのって書いて良いのかちょっと嫌な予感もするのですが、、
とりあえず今のところ何もたたりのようなものがないので書いてみます。
看板(ちなみに、赤い手書きの文字で、立ち入り禁ずっとかいてあります)
怖い話をする猫
怖い話をする猫
の横を進むこと1,2分するともう一つ変な杭がありました、
でもその杭は落ちているという感じで、どう見ても元からそこにあった様ではありませんでした。
その杭には、上のほうの文字は消えかかっていましたが、
下のほうには、こう書いてありました、「~工事完了予定昭和65年6月」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
・・・・・昭和って64年までしかないし、きっと63年か64年に始まった工事の杭なんでしょうけど、
どうしてこんなとこにあるのだろうと、ちょっと鳥肌がたちました。
その杭のところから5分と行かないところでした、、、、
ああいうのって、なるべくなら見たくないもんでした、、、、
人の名前が書いてある木の棒が刺さった墓がいっぱいありました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
しかもその墓の周囲には、詳しくないから名前まではわかりませんが、
綺麗な花が咲いていたのが、印象的でした。
立ち入りを禁ずの看板の意味がわかった気がしました。
見知らぬ人にこの聖域を荒らされたくないんだろうということだと思いました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
一番近くの墓の人の名前が、とても古臭い名前だったので、
(公表はしません)きっとずいぶん昔からあるのだろうと思いました。
「今日は、帰ろう」という友人の声にはっとして、昨日は、かえってきました。
もちろん、手を合わせてきたことは言うまでもありません。
あのばあさんに話を聞いてみないことには、ここがどういうところなのかが、
わからないので、今度確実に聞いてきます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
さっきやっと、仕事が終わりました。最近忙しいんです・・・
さて、その近くに住む林業を仕事としてる(仮に)Iさんに話を聞いたところ、
昔、Iさんの祖母から聞いた話をしてくれました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
まずその山の名前は、『家一郷山』といい、大昔の神話の時代から言い伝えのある神聖な場所だったらしく、
古来から山奥に山を神として崇める先住民族がいたらしいとのことでした、
その後その言い伝えを利用して、その山奥に逃げるようにして、入っていった平家もいたらしいんですが、
その先住民族によってその場所は守られつづけたという言い伝えがあるそうで、
そのIさんの祖母は、子供の頃、山で遊んでいて、その村とかにいったことがあったという記憶があるそうです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そのころから、本当に少ない集落で北郷の集落とは一線を隔したものだったらしく、
北郷の人たちも崇拝していた民族がいたとのことでした。
その話を聞いて、私は、その場所は、その民族の名残の集落なのではと考えました。
この前、行ったときは、恐怖感が先に立ってしまい、見るもの目に入らず、みたいなものがあり、
もしもっとその集落の奥深くに進めば、その集落が、崇める何かに出会えたのかもしれません。
今日の夕方に行く予定なんで、その点について詳しく観察して、みようと思いました。
あと、卒塔婆についても、、、、
怖い話をする猫
怖い話をする猫
今から、友人の実家に行ってきます、まずいことになったんです。
そのことについても後で帰ってきてから書きます。
・・・書いていいのかわかりませんが、書かないではいられないので。
すぐ帰ってきます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
今日の6時半に出発したんですが、あの集落の入り口付近に到着したのは大体あたりが薄暗くなってきた頃でした。
もうだいぶ暗かったんで懐中電灯を持って (点けずに)森の中に入っていったんですが、
あの分かれ道のところに来た時あの立ち入り禁止の看板が無くなってたんですよ。
そこで気づいたんです。集落の 方に明かりが見えたんです。
そこで、今日こそは住民の人に話でも聞こうと思ってたんで、友人が果敢にもぐんぐん進んでいったんですよ。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
前来た時、家は4軒しかなかったと思ってたんですが、
その奥のほうにもう一軒山肌にくっつくように建物がありました。
その建物と、あと一軒、以前、老婆が 居た棟じゃないところから明かりが見えてました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
この時点でわかったことは、この集落にはあの老婆だけではないこと、
山際にもう一軒ある建物はなんだか住 居のようではないということでした。
この時点で私達は相当ちじみあがっていたんです、だってその雰囲気がとても怖いんですよ。
どうしようかと思いました が、友人を前にして少しずつ近づいて行ったんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そしたらですよ、音に気づいて扉がザーって開いたんですよ、
これはやばいと思ってものすごい勢いで走って逃げたんですが(怖さに耐えられず)、
その時後ろ の方で「わぁー、うっぁーー、#$%&%%#”!”#$%」と
なんだかわからない声が聞こえてさらに逃げて、分かれ道を過ぎ細い道まで出たんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そこで 気づいたんですが、友人が居ないんです。
ものすごい自責の念と恐怖で、どうしようかと考えた後しばらく待ってみて
こなかったらやっぱり集落の方に戻ること にしました。
そして待つこと5~10分くらいでした。友人が帰ってこないんで、戻ることにしたんです。
そして分かれ道を過ぎたあたりで、友人がフラフラた らたら歩いてきたんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
どうしたんだってきいても、ちょっとしたショック状態になってた友人は朦朧としていた。
友人を引っ張って自転車のあるとこまで行き、
友人に話を聞こうとす ると、一言『もうやめたほうがいい』っていうんです。
なにが?って聞いたところ、『あそこは俺らが気楽に行っていいとこじゃない、あそこは神聖な場所なん だ』そのあと、言葉もよくわかんねーばあさんにどつかれつづけたということでした。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そして、男に突き放されたといっていました。友人は相当ショックを受け たらしくしばらくジョイフルで休憩し友人が落ち着くのを待って帰宅したんですが、家に着いてすぐ電話してみると、
友人の母から、友人が寝込んでるという話 を聞きました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
まず俺が逃げた直後に友人は動けなかったらしいんですよ、
そして私が、逃げたことを知って、初めて我に返り逃げ出したんだけど、
まず、小さな男にぐぃっと つかまれて何かを言われたらしいんですが、
なにをいわれたかおぼえてないんだそうです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それが友人のわかる言葉だったのかどうかを聞いたんですが、
友人が 言うには、恐怖感でいっぱいだったし、錯乱状態だったそうなんですが、
自然とここには来るなといってる様だったといってました。その後逃げようとしたら、
婆さんが近づき棒のようなものでつつかれて、しまいにはその男に突き飛ばされたそうなんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そこで私は質問しました。その男は年はいくつくらいなのかと、
すると友人はひげをぼうぼうに生やして変な服を着ていた50代後半から60代くらいの男だっ たといってました。
変な服とはどんなのなのかを聞いたんですが、
それは浮浪者のような汚い服とは違っていたということしかおもいだせなかったんです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そして、放心状態で立ち上がるとこの前行った墓があったほうに続く道(集落と墓をつなぐ道のこと?)があってそっちからまた違う婆さんが歩いてきたそうで す。
その婆さんは友人の方をじっとにらむだけで何も言わなかったらしいです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そこで、その婆さんは友人にはなにもいわなかったのに、友人はすごく辛い気分 になったといっていました。
どうして?って聞いたら、その婆さんの目が、心に刺さるような目であったことと、
何かぐっと心がつかまれるように感じたといってました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そんな話をしていて、ふと気づいたんですが、私が、ここに書き込んでから、
この集落に行った人が居たんじゃないかと思ったんですが、いないだろ うか?
あの、立ち入り禁止の看板がなくなってることといい、友人の話からわかるように
住人が怒ってることといい、どうなんだろうということを友人と話して ました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
あと、友人が聞いた言語のことなんですが、
私は、そこに元からあるような特別な言葉だったのではないかと考えました。
怒りをあらわにする時に自然にでる言 葉ってそういうものの気がする。
しかし、そこの住人は、日本語がつかえるはずだと思います。
なぜなら立ち入り禁止の看板を書いたんですから、今日は無かっ たけど、、、
うーん、外部の人が置いたってことも考えられるなーーー確かに
怖い話をする猫
怖い話をする猫
このスレを見て本当にあるのかどうだか確かめて見たくて
早速、昨日現地に行ってみました
本当の所はネタはどうか知りたくて興味本意で行ったんですが
かなりヤバイ展開になりました
知り合いのうちで今後どうするか相談してたんで
帰宅が遅くなってしまいました
その起こった事をお話します
まずは経過?から
怖い話をする猫
怖い話をする猫
このスレを見て知り合いを含み4人で探検→
立ち入り禁止看板見当たらず→てきとーに進んで見る→
お墓発見(ただの田舎のお墓)→別ルートへ進む→
古臭く小汚い半壊状態の家を数件発見→
奥の小さな家から音が聞こえる(話し声?、物音?)→
行ってみる→結局その家は無人で何もなし(窓?から確認)→
帰ろうとする→事件発生
怖い話をする猫
怖い話をする猫
ただそのお墓は残念ながら普通のお墓でしたね
しかし見た感じ、そこに住んでいる人のお墓ではなさそうですね
おそなえ等も多少
年月は経ってる模様でしたけどちゃんとありましたし
付近の人のお墓ではないでしょうか?
怖い話をする猫
怖い話をする猫
名前等ってか苗字かも結構普通でしたよ
ここは結構残念だったと思ったように記憶してます
しかしお墓に入ってその先は木が生い茂っている森なんですが
その前に小さなくさむらがあり
そこから誰かにじっと見られてる気配がありました
怖い話をする猫
怖い話をする猫
お墓から出て歩いている途中その話になったんですが
その場ではあえて言いませんでしたが
皆同じに見られてるって感じはあったようです
けど残念ながらあの辺からとか具体的な場所等は
多少違っていましたが…
怖い話をする猫
怖い話をする猫
謝るとの事ですが途中継かは除いて結果を教えますと
そこの住人と多少お話をしたのですが
どうやら住人達は昔からのそこの住人で子供達が大きな街へ
行ってしまい、そこで半自給自足の生活をしているみたいです
怖い話をする猫
怖い話をする猫
ただ、謎の秘境だの幽霊が出るとのウワサ話等でたまに人が訪れ
家や回りの資材等を荒らしたり、夜も現れおちおち寝ていられない等の
理由で来た人を追い返すみたいです
ですのであえて謝罪の必要はないとは思いますよ
怖い話をする猫
怖い話をする猫
人を追い返すのは日常茶飯事の事のようですし、謎の言葉?も
怒るとそこの方言が早口になりわけ分からなく聞こえるそうです
ですのでそこの住民にご迷惑をおかけしないためにも
行くのは控えたほうがいいですね

-洒落にならない怖い話
-