日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

洒落にならない怖い話

洒落怖の名作「猿夢」 リアルな描写が特徴の怖い話

洒落怖の名作「猿夢」を紹介します。2chのオカルト板で最も怖い洒落怖の1つとして有名なお話で、電車に乗った人が順番に不幸になっていくる夢の怖い話です。リアルな描写が恐怖を与える洒落怖を猫が、猿夢の続編を犬が語ります。

洒落怖の名作「猿夢」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
私は夢をみていました。
昔から私は夢をみている時に、たまに自分はいま夢をみているんだと自覚する事がありました。
この時もそうです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
何故か私は薄暗い無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭い夢だなぁと思いました。
すると急に、駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。
それは『まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~』と、意味不明なものでした。
まもなく駅に電車が入ってきました。
それは電車というより、よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので、数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。
私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなり、
その電車に乗る事に決めました。
本当に恐くて堪らなければ、目を覚ませばいいと思ったからです。
私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、自由に夢から覚める事が出来ました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
私は電車の後ろから3番目の席に座りました。
辺りには生温かい空気が流れていて、本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。
『出発します~』とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。
これから何が起こるのだろうと、私は不安と期待でどきどきしていました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
電車はホームを出ると、すぐにトンネルに入りました。
紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。
私は思いました。
このトンネルの景色は、子供の頃に遊園地で乗ったスリラーカーの景色だ。
この電車だってお猿さん電車だし、
結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけで、ちっとも恐くなんかないな。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
とその時、またアナウンスが流れました。
『次は活けづくり~活けづくりです』
活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。
振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに、
四人のぼろきれのような物をまとった小人がむらがっていました。
よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていました。
強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。
男の体からは次々と内臓がとり出され、血まみれの臓器が散らばっています。
私のすぐ後ろには、髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、
彼女はすぐ後で大騒ぎしているのに、黙って前を向いたまま、気にもとめていない様子でした。
私はさすがに想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ、恐くなり、
もう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。
しかし、赤黒い血と、肉の固まりのようなものは残っていました。
後ろの女性は相変わらず無表情に一点をみつめていました。
『次はえぐり出し~えぐり出しです』とアナウンスが流れました。
すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物で、後ろの女性の目をえぐり出し始めました。
さっきまで無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、
私のすぐ後ろで鼓膜が破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。
眼かから眼球が飛び出しています。血と汗の匂いがたまりません。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
私は恐くなり、震えながら前を向き、体をかがめていました。
ここらが潮時だと思いました。これ以上付き合いきれません。
しかも順番からいくと、次は3番目に座っている私の番です。
私は夢から覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、
それを確認してからその場から逃げる事にしました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
『次は挽肉~挽肉です~』とアナウンスが流れました。
最悪です。どうなるか容易に想像が出来たので、神経を集中させ夢から覚めようとしました。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ。
いつもはこう強く念じる事で成功します。
急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。
今度は小人が私の膝に乗り、変な機械みたいな物を近づけてきました。
たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、と目を固くつぶり一生懸命に念じました。
「ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かになりました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
なんとか悪夢から抜け出す事ができました。
全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れていました。
私は寝床から台所に行き、水を大量に飲んだところでやっと落ち着いてきました。
恐ろしくリアルだったけど、所詮は夢だったのだから、と自分に言い聞かせました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。
でも、皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れ、バイトなんぞに勤しんでいました。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そしてある晩、急に始まったのです。
『次はえぐり出し~えぐり出しです』
あの場面からでした。私は「あっ、あの夢だ」とすぐに思いだしました。
すると前回と全く同じで、二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。
やばいと思い、夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、とすぐに念じ始めました・・・
今回はなかなか目が覚めません。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ・・・
『次は挽肉~挽肉です~』
いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
ふっと静かになりました。
どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時、
『また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~』と、あのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。
目を開けると、やはりもう夢からは完全に覚めており、自分の部屋にいました。
最後に聞いたアナウンスは、絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。
私がいったい何をしたと言うのでしょうか?
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それから現在まで、まだあの夢は見ていませんが、
次に見た時にはきっと、心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。
こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です・・・

洒落怖の名作「猿夢の続編」

2chのオカルト板で紹介されていた、『猿夢』と言う話をご存知だろうか?
とある電車に乗り合わせた人が、独特の方法で順番に殺されていくというものだ。
知らない人は『死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?』の『投票所』で探してみて欲しい。
上位にランクインしているので、すぐ分かるはずだ。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
さて、この『猿夢』だが、
このテの話に多い『読んだ人にも災難が降り掛かります』的なコメントもなく始められていて、
文章も読み易く、僕はページを開くなりサクサク読み進めていった。
しかし、それが間違いだったのかも知れない。
この話を読んでから4日目の晩、僕は『続き』とも言える恐ろしい夢を見たのである。
二番煎じは一番を超える事は出来ない。
それは重々承知だが、僕の見た夢をここに書き留めておきたい。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
夢の中で、僕は名古屋市内のとある遊園地のスロー・コースターに乗っていた。
今はもうなくなっているだろうか?
それは子供向けのアトラクションで、園内の一部をゆっくりと回って来る。
幼い頃の事なので細かい事は良く覚えていないが、大体3~5分の内容ではなかっただろうか。
降り場の手前に小さなトンネルがあって、そこを抜けるとビデオカメラを構えた父。
その隣には、僕らの名前を呼びながら手を振る母の笑顔があった。
これは父からの虐待が始まる前の、最も幸せだった頃の大切な思い出だ。
夢の中で僕は2人掛けの一番前の席に座っていた。隣には幼かった頃の姉がいる。
あの頃僕は姉を見上げてはしゃいでいたのに、この夢の中では僕だけ20歳。
この年齢差では、年の離れた兄妹どころか、下手をすると親子のようだ。
しかし、僕は懐かしいあの頃の夢を楽しむ事にした。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
僕らの乗ったコースターはゆっくりとコースを回り、やがてトンネルに差し掛かった。
このトンネルを抜ければ、優しかった父にもう1度会える。僕はそう思った。
しかしトンネルを抜けると、そこはあの遊園地ではなかった。
今まで僕が乗っていたコースターは電車に変わり、僕は『5号車の自由席』に乗っていた。
隣にいたはずの幼い姉はもういない。
席は前の方で、喫煙車両である4号車とを繋ぐデッキのドアが開くと、煙草の匂いがした。
僕は新幹線で移動する事が良くあるので、夢がそこに繋がってしまったのだろう。
全く、夢はいつも『いいトコ』を見せてくれない。僕は舌打ちした。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
窓の外を見慣れた景色が過ぎていく。
ただ現実と違うのは、車内があまりにも静か過ぎる事。
そして2人掛けと3人掛け、左右どちらのシートを見ても、どの列にも窓際に1人ずつしか掛けていない。
そして皆異様に顔色が悪かった。
無気味だなと思いつつ、僕はいつの間にか抱えていた鞄からMDプレーヤーを取り出し、お気に入りの曲を聴いた。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
と、新幹線が減速し始める。
おかしいな?京都に着くにはまだ早過ぎる。もしかして岐阜羽島にも停まるのか?
僕は駅名を確認しようとヘッドフォンを外したが間に合わず、聴き取る事が出来なかった。
見知らぬ駅で停まる新幹線、突然車内に響く叫び声。どうやら後ろの方の席で何かあったようだった。
しかし物凄い声だったにもかかわらず、誰1人反応しない。
何があったのか?しかし僕の視力では後ろまで見えない。
乗り降りする人は誰1人なく、新幹線はまたゆっくりと走り始めた。
5分と経たないうちにまた減速。次の駅名は聴き取る事が出来た。
『吊るし上げ』
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
新幹線はまた知らない駅で停まる。そしてまた、叫び声。
慌てて後ろを振り返ると、初老の女性が吊るし上げられていた。
相変わらず良く見えないが、首に紐が掛けられているのだろう。首の辺りに手をやってもがいていた。
手足がシートや壁に当たる音がバタンバタンと聞こえる。
僕はやっとこの夢が何であるか分かった。
恐らくこれは『猿夢』だ。一刻も早く目を覚まさなくてはならない。
しかし僕は、自由に目を覚ます事が出来ない人間であるため、しばらくその夢を見る事になってしまった。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
とりあえず今何人が殺されているのか、僕は何番目なのかを知っておきたかった。
僕の乗る5号車の、後ろ4分の1程は空席のようだ。
しかし実は既に殺されていて、そこには『猿夢』のように、
『活け造り』や『抉り出し』された人が座って(?)いたのかも知れない。
僕が座っているのは前から6番目。
まだまだ順番が来るには早いが、さっさと目覚めなくてはならない。
しかし、なかなか目覚める事が出来ない。
その間に、何度も聞こえる叫び声。
と、いつもドリンクやサンドイッチを売り来る車内販売の女性が、
ニコニコしながらカートに内臓を乗せて押していくのが見えた。
もう駄目だ。早く目覚めろ、目覚めろ、目覚めろ。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
順番を確認するのに、僕はまた後ろを振り返った。
すると、後ろに座っていた何人かがスッと消え、同じように席もなくなった。
前から6番目にあったはずの僕の席は、真中あたりに来ていた。
慌てる僕に、すぐ後ろに座っていたリーマン風の男が言った。
「目覚めたから席が消えたんだよ。アンタも早く目覚めないと、すぐに順番が来る」
僕の8つ後ろの席から、血が流れているのが見えた。
大丈夫、まだ7人余裕がある。早く目覚めて、もう2度とこの夢を見なければいい。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
次の駅が来た。
『串刺し』
と、大変な事になった。
自分の番が来るまで後7人あると思っていたのに、その駅で一気に5人串刺しになって殺されてしまったのだ。
次は僕の後ろのリーマンの番だ。
しかし彼は、シート越しに穏やかな口調で話し始めた。
「オレはもう目覚めなくていいんだ。会社はリストラされたし、妻は・・・」
ガクガク震えながら彼の身の上話を聞いているうちに目が覚めた。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
目覚めた時は冷や汗をいっぱいかいていた。
あんなに長い夢だったのに、時計を見るとほんの20分程しか経っていない様だった。
『猿夢』・・・あまりにインパクトが強過ぎたために、こんな夢を見たのだろう。
あの話自体が、この電車への切符なのかも知れない。
とにかく、もう2度とあの夢を見ないようにしなくては・・・
本当に、恐怖のあまり心臓発作で死んでしまうかも知れない。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

-洒落にならない怖い話
-