日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

洒落にならない怖い話

洒落怖の名作「巨頭オ」「イトウって知ってる?」「握手」

洒落怖名作の「巨頭オ」「イトウって知ってる?」「握手」の怖いストーリーを紹介。巨頭オは治外法権のある地域に迷い込んだ不思議で怖い話です。イトウって知ってる?は語り手の周りにいる同級生の不思議な話です。握手は本格的な怖いストーリーを求めている方におすすめです。恐怖の洒落怖体験談を猫と犬で語ります。

洒落怖の名作「巨頭オ」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、その看板を見つけたときあれっと思った。
『この先○○km』となっていた(と思う)のが、『巨頭オ』になっていた。
変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。
車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、頭がやたら大きい人間?が出てきた。
え?え?とか思っていると、周りにもいっぱいいる!
しかもキモい動きで追いかけてきた・・・。
両手をピッタリと足につけ、デカイ頭を左右に振りながら。
車から降りないでよかった。
恐ろしい勢いで車をバックさせ、とんでもない勢いで国道まで飛ばした。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
帰って地図を見ても、数年前に行った村と、その日行った場所は間違っていなかった。
だが、もう一度行こうとは思わない。

洒落怖の名作「イトウって知ってる?」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
高校から今にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
高1の時に言われたのが一番最初。
夏休み明け直後の日だったんだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる?」って言われた。
「イトウ?知らないなぁ」
「何言ってるんだよお前と同級生だろ?地元の友達だろ?」
「いや、しらんし」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
数日後・・・
「やっぱりイトウって知ってるだろ?アイツお前と仲よかったらしいぞ」
「だから知らないって・・・」
「しらばっくれるなよ!」
「はぁ?そんな奴いないつぅの!」
それでケンカになった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
そいつは俺に薄情だと言う。
俺は知らない奴を知ってる奴だと言われて、なんかシャクに触ったのでキレた。
まぁ若い頃だから血の気は多いとして、それでもクラスの奴は異常にキレた。
家に帰って、卒業アルバムを小学校の頃から調べたけど、やっぱりイトウなんていなかった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
結局、ソイツとはそれ以来口を聞くことはなくなり転校していった。
変なわだかまりが残ったけど、しばらくイトウの名を忘れてた。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それから学年が変わって高2になった頃、またイトウの名を耳にする。
今度は部活が一緒だった隣のクラスの奴。
「なぁ、イトウって知ってる?お前と同じ中学なんだろ?」
「いや知らないって・・・」
「だってさ、お前と同じ部活で、三年間一緒だったっていってたよ」
「はぁ?ちょっとどういう知り合いなのか、詳しく教えてくれよ」
久々にその名前を聞いていやなことを思いだしたけど、正体が知りたくて詳しく聞いてみた。
「女だよ、背の低いさ・・・友達の友達なんだよね、こないだそいつとカラオケ行ってさ、ノリのいい奴」
「いや・・・知らない・・・女ならなおさら知らない・・・」
「マジ・・・?連れてきてやるよ。本当にイトウ、お前のこと詳しいから・・・」
俺、そこら辺で怖くなったよ。本当にどんなに記憶をたどっても、知らない奴なんだから。
わりと聞く名前だけど、イトウなんて同級生は一人もいない。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それから数日して、
「お前に会わせようとしたイトウさ・・・いなくなったらしい」
「え?なんで?」
「わからん。突然、家を捨てて、夜逃げみたいな感じだったって・・・」
俺「・・・」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
次、イトウは意外なところで現れる。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
地元の友達が、
「なぁイトウって同級生いたっけ?」
「いない!お前も『知ってる?』とかいわれるの?」
「お前も!!」
俺らの地元のグループで話題になった、イトウとかいうおかしな奴が、俺らの知り合いだと言う。
この現象は俺だけじゃなくて、周辺の友達に波及して、三人同じ体験をした奴がいた。
それも、三人とも違う高校で、全く別々の友達から聞いた話しだった。
「怖いな・・・マジ、イトウって誰だよ?」
「俺が聞きてぇよ!!」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
同窓会でそのことをみんなに聞いたが、誰も知らなかった。
ただ、連絡がつかない奴の中で、イトウって苗字になった奴はいたかもしれないが、それも確認できたわけじゃなかった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それから半年くらいして、今度は幼馴染の従姉妹が、
「ねぇ、イトウって知ってる?」
ゾッとした。いつものイトウの話しだった。
背の低い女で、俺と同じ部活で、仲の良い友達だったイトウ。
従姉妹は俺のことをよく知っている。
「イトウなんて・・・いないよね?・・・」
「いない・・・」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それから数年間、イトウは姿を消す。
イトウのことは、頭の片隅くらいにしか残らない存在になっていた。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
大学卒業間近バイト先で、
「なぁ、イトウって知ってる?」
その場に倒れそうになったよ。
「背の低い女で、俺と部活が同じの?」
「そうそうwやっぱり知り合いなんだw」
「今も連絡とってるの?」
「あぁ、高校のときの部活の知り合いで・・・」
コイツは俺とタメで、高校のときの知り合いなら、イトウはその頃行方不明だったはずなんだけど・・・
「今さ!ソイツと連絡つかない?」
「あぁ、つくよ!イトウも今度飲みたいって言ってたし、ちょうどいいよ」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
携帯電話の先からイトウの声が聞こえる。
「もしもしぃ」
「今さ、・・・うんうん」
かすかにだけどイトウの声が聞こえる。
実在する人物なんだ!
「悪い・・・イトウさ、なんか具合悪いからって、電話切られた・・・」
「そうか・・・じゃあ、また今度頼むよ」
怖い話をする猫
怖い話をする猫
次こそはイトウと話す。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
次にバイトいったとき、イトウの知り合いだと言う奴の態度が急変した。
俺が何を話しかけてもシカト。
軽いいじめみたいな感じの雰囲気になってた。
なぜかバイト先の奴からハブられる俺。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
その日の帰りに、店長にクビを言い渡された。
文句は言ったが、「悪いがしばらくこないでくれ」の一点張り。
気がついたら、そのバイト先は潰れてた。
結局、イトウとの接点は無くなった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
最初に俺にイトウの話をふったクラスの奴もいなくなり、次の部活の奴も、その後退学になった。
三人の同級生とも疎遠になった。
三人とも良い噂を聞かなかった。今はどうなったから完全にわからない。
従姉妹もその後精神的に病んで、今は話せる状態じゃない。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
結局、イトウのことに関してはわからずじまいだったのかな・・・・
なんて思ってたら先週、彼女が「イトウって知ってる?」。
まだイトウは、俺の周りをチョロチョロしてるのかもしれない。

洒落怖の名作「握手」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
ごく親しい友人数人にしか話してない事なんだけどさ、ちと書いてみる。友人らにも一笑にふされたけどね。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
オレってば結構、?っていう経験が多いのね。霊感がどうのとか分かんないけども。
そりゃ、真夜中の自室で後ろ向いたら首の無い人が佇んでました・・・なんてあからさまな経験は無いけどね。
変だなぁ・・・って思うような事はそこそこ体験してきた。
その内の一つ、今までで一番生きた心地がしなかった時の話。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
当時・・・と言っても、もう8年も前の話。
オレと言えば、昼は仕事、夜は夜間の大学と、我ながら中々に苦学生してた。
そんなもんだから、学校終わったらもう深夜。
いつもは翌日の仕事に備えてサッと帰って、そのまま床に着くのだが、その日は土曜日。
翌日は休日なものだから、えっちらおっちらマイペースで自転車漕いでたのよね。
帰り道、道と言っても超が付くほどの田舎だから、田んぼの畦道の延長みたいな道だけどね、
結構、というかかなり不気味なんだよね。
想像してもらったら解るかもしれないけど、草木も眠る丑三つ時に、一人だだっ広い田舎道。
しかも周りには、マネキンの首などを使ったリアルなカカシがこちらを凝視してる。
まぁ、その頃にはとっくに慣れきっていたんだけどね。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
帰路の途中、いつもなら見向きもしない自販機に目が止まったのは、
珍しく金銭的にも余裕があったからなのかな。別段喉も渇いてないのに。
田舎の人なら解るだろうけどさ、メジャーなメーカーの自販機じゃなくてね。
今で言うと、コーヒーの細長いロング缶あるでしょ?全部がそのサイズの自販機。
かなりアナクロナイズなやつだね。当たったらもう一本、なんていうおみくじ付き。
切れかかった電灯が発してたジジジ・・・という音がやけに耳に響いてた。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
田舎の深夜なんて車通りもないから、信じられないくらい静かでさ、やけに小銭を投入する音が響いてた。
お金を入れてボタンを押したら、おみくじのランプが「ぴぴぴぴぴぴ・・」って鳴り始める。
シーンとした辺りに、そのチープな電子音がやけに不釣り合いで。
当たっても二本も飲めないしな・・・なんて苦笑しながら、ジュースを取ろうとしたんだけどさ、
自販機の切れかかった電灯の薄暗い明かりくらいしかないから、取り出し口なんてほとんど真っ暗で見えない。
ジュースはどこだ?と手探りで取り出し口内をまさぐってたらさ、握られたんだよね。手を。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
意味解んないと思うけど。取りだし口の中で手を掴まれたの。ちょうど握手をするような形で。
一瞬頭が真っ白になった。
間違いなく人の手の感触だった。
しかもね、段々握る力が強くなってくるのよ。痛いくらいに。
そこで我に帰って、うわぁっと必死に手を振りほどいた。
相当強く握られてたのにあっさり手は抜けて、オレは半狂乱で自転車にかけ乗って、全力でその場を離れた。
混乱してたからハッキリとした記憶は無いんだけど、
その手の感触と、背中ごしに聞いた「ぴぴぴぴぴぴ・・・」という音だけは鮮明に覚えてる。
そういえば、おみくじなんてボタン押して5秒くらいで止まるのに、
何故かずっと「ぴぴぴぴぴぴ・・」って言ってたな・・・今考えると。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
一人暮しの家に帰るなんてゾっとしたからさ、そのまま友人の家に転がりこんだよ。
で、その判断は大正解だった。一人だったら気が狂ってたかもしれない。
何故かって言うとさ、直んないのよ。手が。
握手の形のまま、そこだけ金縛りにあったかのように硬直してるんだよ。
友人もただ事ではないと思ったらしく、二人で朝まで頭の中で念仏を唱えてたら、
夜がふける頃に、急に何かから解き放たれるように硬直が解けたよ。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
それからというもの、オレはどんな物にせよ、『口』になってる物に手を突っ込めなくなってしまった。
自販機はもちろん、郵便受けやポストなんかでさえ。
だってさぁ・・・『握手』・・・されるでしょ、また。多分・・・
怖い話をする猫
怖い話をする猫
この話には後日談があってね。今から二年前、握手から六年後だね。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
法事のために田舎に帰省した時ね、あの時から一度も通った事なかったあの道。
(近道に使ってた裏道だったから、幸いにも卒業まで一度も通らずにすんだ)
なんでだろね。あれほど忘れようと思ってたトラウマのあの場所に、ちょっと行ってみようか、という気持ちになった。
理由は解んないけどさ、導かれるように・・・なんて言ったら安っぽくなっちゃうけど。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
何かあったら嫌だな・・・と内心ビクビクしながら車を走らせてたらね、あっけない結末だった。
無かったんだよね、その自販機。
そりゃそうだよね。あの時ですらかなり古かったのに、あれから八年も経ってるんだから。
当然と言っちゃ当然なんだけど、何かさ、数年間に渡る呪縛から解き放たれたみたいで、心底ホっとした。
これで完全に忘れられるな、と思ってね。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
せっかくの帰省なんだから、昔馴染みの連中と飲みに行ったよ。楽しかった。
ほんと、ここで話が終われば良かったんだけどね。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
気分も良く、ほろ酔い加減になったオレは、みんなにこの話を聞いてもらおうと思った。
八年前は、思い出すのも言葉にするのも嫌だったから話せなかったんだけど。
多分ね、なんだそりゃって、皆に笑って欲しかったんだろうと思う。
それでオレも笑って、この忌まわしい記憶はおしまい。そうなってほしかった。そうなるはずだった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
つらつらと話してる途中でさ、友人の一人が「ちょっと待った」と、話の腰を折った。
「何?」とオレが聞いて返ってきた言葉は、オレの酔いを完全に覚めさせた。
聞かなきゃよかった。話さなけりゃよかった。何で話してしまったんだろう。何で。
そいつが言うに、
「あの道にそんな自販機なんか見た事ない」
他の四人も同様に口を合わせる。
おかしいぞ、おい、K。
お前はあの時、朝まで念仏を唱えてくれたじゃないか。
オレは卒倒しそうになった。あの時泊めてくれた友人のKまで、そんな自販機知らないと言う。
あの夜の事も覚えていなかった。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
どう言ったらいいか分からないんだけどね。
オレ、段々とこの時の記憶が無くなっていってる事に気付いたんだよね。
なんていうかさ、夢って目が覚めた瞬間は覚えてるけど、
その記憶を持続させようとしても、ウソのように消えていっちゃうでしょ?夢の記憶。
ちょうどそんな感じでさ、オレほんとは、
あの時の自販機で何を買ったかとか、あの時の学校の授業は何だったとか、ハッキリ覚えてた。
でもほんと、ウソみたいに記憶から抜けていった。
忘れたくても忘れられるような事じゃないのに。
今ではもう、先に書いた事くらいしか記憶に残ってない。
何かの意思というか、そういう物を感じるんだよね、これ。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
オレさ、変な予感があるんだけどさ、
完全にオレの中からこの記憶が無くなった時、
普通にまた何かの『口』に手を入れて、またされるんじゃないかと思う。
『握手』を。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
以上です。長文失礼しました。
もっと細部まで書こうとしたのに、驚くほど記憶が消えてて恐いです。
ちなみに健忘性などではございませんので。
この事だけなんです。こんなのは。
ふと「怖い話が読みたくなったな」と思い立って、久々にオカ板に来てこのスレを見つけて、>>1からしばらく読んでいました。
それまでは普通にガクブルだったんですが、>>422を読み終わった瞬間、泣いてしまったんです。なぜか。
話はとても怖かったけど、泣いたのは怖かったからではなく、
ただただ悲しかったのが伝わってきて、泣いてしまったのを覚えています。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
しかし、別に読むだけなら特に悲しい話では無いし、自分でも意味がわかりません。
当方男。深夜なので声は殺しましたが、気を抜くと号泣しそうでした。
涙腺がゆるいわけでも霊感があるわけでもないのに…なぜ?
何かのメッセージなんでしょうか、あるいは。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
あなたも体験してるけど、記憶を消されてるんじゃない?
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬
怖い話をする猫
怖い話をする猫
感想ありがとうございます。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
一つ、とても大事な事を書き忘れたので、書いておきます。
ていうか、忘れてたというのが恐いです。絶対にこれだけは忘れちゃいけないのに。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
あの時、恐ろしく強く手を握られていたのに、あっさり抜けたのは、
私が持ってるお守りのおかげだと、今では思っているんです。
お守りと言っても、その方面に強かった祖母(故人ですが)の力と髪の毛が一本入ってるお手製の物なんですが。
「田舎には物の怪が多いから」と、祖母が生前に親戚筋へ配ったとか。
それはわが家にももちろんあり、私は交通安全くらいにはなるかなと、常備携帯してたのです。
祖母が守ってくれたんだなと、今では確信してます。
多分これがなかったら、放してもらえなかったと思う・・・手を。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
このレスを書こうとした時に、ふと恐ろしい想像をしてしまったのですが、
そんな事ないと、誰が笑い飛ばしてほしい。
怖い話をする猫
怖い話をする猫
記憶が消えてってるのは、このお守りの存在を忘れさせようとしてるのではないか。
あの日から常に肌身離さず携帯してるお守り。絶対この事を書こうとしてたのに、なぜか忘れてた。
このお守りの事まで忘れてしまったら、多分おしまいだと思う。
次は放してくれないと思う。

-洒落にならない怖い話
-