実話怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

いつも穏やかで明るいコンビニの店長が最近怖い

僕のバイト先のコンビニの店長がいつも穏やかで明るい人でそんなに怒ったりしないんだ。でもだからこそ、最近店長が怖い。

前のシフトの時、タバコの箱を取りに事務所の中に入った時、ノートが1冊机の上にあったんだよ。なんだろうとチラッと表紙を見てみるとひらがなで真っ黒ノートと書かれてたんだ。

その下には漢字で店長の名前が書いてある。その異様さになんだか。とてもその中が気になった。

ちなみにその時は店長はいない。僕はこそっとノートを手に取り、中身を見たんだ。

そこにはまるまるがにくい。殺してやる。殺してやる。殺してやる。帰りたい。帰りたい。殺してやる。殺してやる。殺してやる汚い言葉がページ一面にそれこそページが真っ黒になるほど。

描きなぐられていた文字の大きさも自体も全く統一されていない。さらにページをめくる。うるさい。うるさいうるさい。うるさい。黙れ黙れ黙れ黙れまるまるも殺す。殺す。殺す。殺す殺すもはや意味が分からない言葉もある。僕はビビりながらも次々とページをめくっていった。

そこにはやはり殺すだの帰りたいだろのネガティブに溢れた言葉やだ。嫌だ。嫌だやだ。助けて助けて助けてやらの少し不気味な言葉が敷き詰められていた。またページをめくろうとした瞬間、ガチャ。
事務所の扉が開いた。

店長が帰ってきた。僕はノートを開いて手に持っている。

あ、店長お疲れ様です。ノートを机に投げ捨て。あとは蓋しながらカミカミの挨拶をしためちゃくちゃ気まずいと思ったんだが、あー、それはデトックス日記って言ってね。

暗い感情をかき、殴ってストレスをなくすものなんだ。店長は全く気にしない様子で話してきた。あーあー、そういうのもあるんすね。
大人はストレスだらけなんだよ。実は流行ってるらしいよ。これ、店長はそう言って真っ黒ノートを手に取った。

まあ、恥ずかしいからあんま見ないでほしいのは確かだけどね。どのくらい読んだろう?えっと1/4くらいすかね。なんか意外でした。へー、そんなに読んだの?店長は何だか楽しそうに笑ってる。うーん、良かった。いつも通りの店長だ。

でも店長はこれが流行ってるって言っていた。

こんなものが流行る社会はおかしいんじゃないか。店長はどう見ても普通の人。それと同じような普通の人の大勢が裏ではこんなことを書いている。

僕は少しゾッとした。

後日談その日も店長はいなかった。その日はいつものシフト前に急にバイトを辞めた人のシフトも入るのでロング勤務だった。なので休憩時間があり、事務所で 1人夕ご飯を食べたりしていた。

そこでふと本棚に目がいった。いつかの真っ黒ノートだ。店長には悪いと思いつつ、めちゃくちゃ気になり、また途中から読み始めてしまった。人間には怖いもの見たさ。隠れてるもの見たさがあるから仕方がない。

ノートの内容は前見たページとさほど変わらない。

ネガティブな言葉で真っ黒なページが続いていたのだが、半分以上読み進めた時、異質なページが現れた。そのページは真っ黒ではなかったのだ。

真っ白のページの真ん中に一言、ついにやった。やったって何をよく分からない。前のページを見てみると、いつも通りまるまる。殺してやるがぎっしり。そう。ぎっしりと殺してやると書いてある。まさかもしかして僕は少し不安になりながら、とりあえず読み進める。

それ以降はまたいつものようなページでもとても気になるページがあった。見られた。見られた。見られた。見られた。見られた。見られた。見られた。見られた。見られたあいつも殺す殺す。

殺す。殺す殺す。やばい。僕はノートを一気にパラパラとめくった。

また異質なページが現れた。真ん中に一言やばかった。さらにパラパラ巡る。また異質なページ。今度は真ん中に、1/4ならセーフと書かれていた。全身冷や汗でびっしょり。でもなぜかページをめくるのを止められない。

そして最後のページ。それより先には何も書かれてない?ページに辿り着く。そこには左上にさようならとだけ書かれていた。僕はノートを投げ捨てキョロキョロする。

どこからか?笑ってる!声が少し背の高いロッカーから聞こえている。僕は今まで座っていたパイプ椅子を武器として手に取り、バントを思いっきりドアを開けた。店長が縄でぶら下がっていた。

-恐怖の心霊体験談
-