怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

福岡の大きな病院に入院中に夜中に首を絞められた恐怖の体験談

そこは福岡の有名な大きな総合病院です。今は立てかわり綺麗ですが当時は古くて暗い病院の病室でした。出産で入院しましたが、長男の時もお産で死にかけ救急車で運ばれて、その病院に入院したので、今度の次男の出産は最初からその病院で入院して帝王切開でした。

今回は4人部屋。しかし古い病院なので病室内にトイレはなく、そとの暗い廊下を歩いて1つしかなく、とても不気味です。

福岡の大きな病院に入院中に、夜中に首を絞められたに体験の画像

赤い非常灯だけがついてます。トイレの鏡も不気味で、見ないようにいつもベットへ帰っていました。

ある夜中、トイレに行きたくなり目が覚めました。すると突然、妊婦姿の女性が私にまたがり首を絞めてきました。冷や汗はでるし、こわくて苦しくてたまりませんでした。

どうにかしようと、手足を動かしたり、声を出そうとしても、手も足も全く動かず、声も出ません。なんとか、腰のあたりをくるくると動かそうとしましたがそれも出来ず、とにかくこわくてこわくて、苦しかったです。

何分くらいたったのでしょうか?そうやって、ジタバタと格闘し、心の中で、必死に気合いを入れて追い出そうとしていました。
背中は冷や汗で、びっしょりです。

そうこうしているうちに、フッと、力が抜けて、首を絞めていた手も、顔もその妊婦はいなくなりました。

時計を見ると、4時になったばかりでした。そういえば昔、美輪明宏さん?江原啓之さんが、4時になると、とける。という話をしていた事を思い出しました。

4時になったばかりの画像

4時に過ぎたばかりだったので、ゾッとしました。
まだ4時といっても、4月ですし真っ暗です。こわくてこわくて布団をかぶって寝ていました。明るくなって、あれは夢だったのかな?と思いましたが、ものすごくリアルで、しかも4時になって、居なくなったことも美輪明宏さんがいっていたとおりで、やっぱりあれは、霊体験になるのかな??と思いました。

手鏡で首のあたりを見てみましたが、手のあとなどはありませんでした。が、パジャマの背中は汗でグッショリ濡れていました。
くるしんだ事は、間違いないな。と改めて思いました。

出産という、おめでたい時だったので、看護婦さんや家族にもいえませんでした。

夢かな?と思う事が今でもありますが、あのリアルな首を絞めらた感じが。
同室の子たちには、余計いえませんでした。2日後に退院だったのですが、こわくて、その日の夜からは自分の子供を、横に連れてきて、ベビーベットの息子を見ながらねました。その後は、そういうことはなかったので、ホッとしています。退院してからもありません。

あの建て替わる前の病院だったからあったのだろうと思います。
重症患者もたくさん運ばれてくる病院なので。

-恐怖の心霊体験談
-