日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

意味がわかると怖い話

意味怖 答え解説付「高校受験」「機長の判断」「アリバイ」

意味がわかると怖い話の「高校受験」「機長の判断」「アリバイ」を紹介。2ちゃん発祥のクイズのような推理のような、怖いけどクセになる不思議で面白い意味怖を答え解説付でまとめました。サクっと読めるよう短編を中心に、少しでも怖さが和らぐように恐怖の意味怖を猫が、意味怖の解説(答え)を犬が語ります。

意味怖 答え解説付「高校受験」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
今日は高校の面接の日なのに、雪が降っている。
やばい。ここままでは絶対に遅刻する。
私は父親に泣きながら「車に乗せて」と頼んだけど、
父も超重要な仕事で遠回りは出来ないとのこと。
私は仕方ないので超大急ぎで自転車で教室まで行き無事に間に合った。
落ちた。
教室まで自転車に行ったら落ちるのも当然。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

意味怖 答え解説付「機長の判断」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
ジャンボ旅客機がニューヨークの空港から飛び立ちメキシコシティへと向かっていた、
ところが・・・・。
管制センターから緊急連絡が入った国際テロ組織が
なんとこの機内に爆弾を仕掛けたという犯行声明を出したというのだ。
「高度二千メートル以下になると爆発する特殊爆弾だそうです」
「燃料は5時間分ありますが・・・それが過ぎれば高度が下がって・・」
しかしはけろっとした顔でこういった
「機内にテロリスト自身はいないんだろう?」「はい」
「じゃあ、このまま行くぞ!」「!正気ですか!?」
「もちろん、ただし乗客に言うとパニックになるから絶対にいうなよ。。。」
は怪しい笑顔を浮かべて、操縦桿を握った。
メキシコ・シティ国際空港は標高2,238mのところにあるので、このまま飛んでメキシコ・シティ国際空港に着陸しても、『高度二千メートル以下』にはならないため、爆弾は爆発しない。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

意味怖 答え解説付「アリバイ」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
某日未明、とある有名企業のOLが何者かによって殺害された。
容疑者が三人該当したので早速アリバイを聞くことに・・。
A「その時はうっかりTVをつけっぱなしで寝ちまったんで大家さんにたたき起こされちまったよ。大家さんに聞けばいいだろ?あの人時刻も正確に言えるから」
B「そのときはホテルのバーで飲んでいました。マティーニを一杯とギムレットを一杯です。後はそのまま家に車で帰りましたよ。バーテンダーの方が覚えていると思います」
C「そのときは同僚と喧嘩をしちまってまわりで大騒ぎになっちまってみんなに写メまで撮られているからあのあたりに居たやつらなら知っているんじゃないの?」
「警部!全員アリバイが成立します!」
「あの三人じゃないのか・・・くそっトリックを使ったわけでもなさそうだし  捜査はふり出しか・・・・・。」
殺人のアリバイは成立しているかもしれないが、 Bが飲酒運転を告白している。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

-意味がわかると怖い話
-