怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

深夜のキャンプ場で体験した身も凍るような怪異

それは、今から四十年も前のこと。私は大学の友人と二人で、長野県と岐阜県にまたがる霊山、木曽御嶽山を目指して、高原の車道を延々と歩いていた。カネを節約するため、バスを使わなかったのだ。しかし真夏の日差しに暖められたアスファルト道路を、20キロはある荷物を背負い、重たい登山靴で歩き続けたら、さすがに二人ともくたびれ、腹を空かせてしまった。

「何か食べよう」

深夜のキャンプ場で体験した身も凍るような怪異の画像

「この辺は蕎麦が美味いらしいぞ」
「あのお婆さんに訊いてみよう」
ちょうど近くにいたお婆さんに、この辺に蕎麦屋はないかと尋ねたら、
「うちはここで旅館やってるだが、食堂で蕎麦も出してるから、くれてやるよ」

そう言って、私たちを食堂に招き入れると、自分は奥に入っていった。少しすると、カタンカタンと言う音がし始めた。どうやら、今から蕎麦を打つらしい。腹がグーっと鳴った。

やがて、真っ黒くて太い蕎麦が、山盛りになって出てきた。美味しくて、私たちはあっという間に平らげてしまった。
「あんたたち、お山さ登るだか」
お婆さんは、そう質問してきた。

「今からじゃ、すぐに日が暮れっど」
「大丈夫。この先でキャンプする予定ですから」
「ああ、あすこか。でも、こんな時期だから、誰もいねえぞ。管理人もいねぇ」
「あれ、そうですか。弱ったな…良いんですかね、誰かに断らなくても」

「大丈夫だぁ。でもな、ムジナが出っかもしらんど」
「ムジナですか」
「んだ、化かされっかもしれんど」

「ハハハ、気をつけますよ。ご馳走さまでした」

「ハハハ、気をつけますよ。ご馳走さまでした」の画像

キャンプ場は、そこから更に一時間ほど歩いた山の中腹にあった。ほんとうに誰もいなかった。太陽はすっかり傾き、真夏だと言うのに辺りは冷たい風が吹き、景色は荒涼としていた。
私たちはテントを張り、ランタンを灯し、大学での出来事などを夢中で話した。何時間経ったろう。

「明日は夜明け前に出発だ。もう寝ようや」
私たちが寝る支度を始めた、ちょうどその時だった。
「トントントン」
誰かが、テントを叩いた。
「ハイ、なんですか?」
返事がない。外に出てみたが、誰もいない。
「あれぇ、変だな。動物かな」
「ああ、ムジナかもな」
「あははは」
ちょっとすると、また
「トントン」
とテントを叩く。また出ると誰もいない。
なんとなく嫌な感じになってきたところに、またも
「トントン、トントン」
友人は、ほっとけほっとけと手を振る。じゃあ、そうするかと私もシュラフに潜り込んだ。

すると、その誰かというか何かは、テントの回りをゆっくりと歩き始めた。草を踏む音でそれと判るのだが、どうも二足歩行のように思える。
私は、テントを内側から叩いた。ムジナなら、びっくりして逃げると思ったのだ。だが外の何者かは、無視して…と、足が速まった。そいつは、テントの回りを走り始めたのだ。私たちは顔を見合わせた。血の気の引いた顔。

その速度はあっという間に上がり、足音もバーッと言うかゴーッと言うか、まるで風のようになった。これはもう人間ではない。人間のできることではない。だったら動物か?動物なのか?私たちはいつの間にか互いの腕を掴んでいた。
(ええい!くそ!)
私は思い切って、テントの外に飛び出した。
とたんに音が止んだ。辺りは夜の静寂。左右を見回すが、誰もいない。何もない。見上げた空には、気味が悪いほど沢山の星。何だここは?
「…おい…何だったんだ、今の…」
「…誰もいないのか」
「ああ、いない…」

翌日、通りかかった村の人にこの話をすると
「ハッハッハ、そりゃムジナだわ。奴ら人懐こいから、近づいてきたんだべ」
と一笑に付された。
しかし友人は顔をしかめ、
「あんなことできる動物が、いるわけがない」
とつぶやいた。私も、頷かざるをえなかった。

-恐怖の心霊体験談
-