怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

ガールフレンドのお母さんが体験した、お寺での不思議な出来事

私のガールフレンドの母親は、実家がお寺です。小さい頃から、不思議な出来事と出逢っていて、よくそのことを彼女に話してくれるのだそうです。これは何年か前に、彼女から聞いた話ですが、どうしても忘れられないのでお話します。

彼女のお母さんは、和子さんと言います。

ガールフレンドのお母さんが体験した、お寺での不思議な出来事の画像

小さい頃から利発で、年の割にはしっかりしていたそうです。ただ、見えるんですね。この世のものではないものが。ただし、見えるのはお寺の中だけで、外に出てしまえばふつうの人なのです。小学校の低学年の頃、和子さんはお寺で見た不思議なことを、ついお友達に話してしまいました。お父さんからは、

「お寺で見た不思議なことは、絶対外で喋っちゃいかんよ」

と言われていたのに、まだ幼くて理由がよく分からなかったのでしょうね。
お友達はとても気味悪がって、和子さんを仲間外れにしました。そのお友達のお姉さんからも、「嘘をついては駄目よ」

と叱られてしまいました。なので、和子さんは学校では二度とその手の話はしなかったそうです。

和子さんはお父さんに、
「ねぇ、どうして家は変なものが見えるの?」
と訊きました。するとお父さんは、
「お寺だからね」
と笑っているだけだったそうです。

不思議なものが見えたり、聴こえたりはしますが

不思議なものが見えたり、聴こえたりはしますがの画像

悪さをしてくるわけではないので、和子さんもなんとなく、それで済ませるようになったようです。
さて、 よく晴れた春のある日、和子さんは猫を追いかけて本堂に入りました。その時、天井を見てびっくりしました。
小僧さんたちが4名、天井から逆さになって、読経しながら歩いているのです。それも、かごめかごめのように円を描いて。声は聴こえなかったが、合掌し半眼になって口を動かしていたので、読経だと分かったそうです。。

和子さんは、静かにあとじさりして本堂を出ました。しばらくしてから戻ってみたら、小僧さんたちはもう消えていました。
その日は特に法事もなく、何もない一日だったそうで、なぜあんなものが出たのか、理由は分かりませんでした。

数日後、和子さんが学校から戻ると、品の好いお婆さんがやってきました。
「住職はおいでかの」
「父は今出ておりますが」
「そうか、わしは下の村に済む徳田のウメだがの、もうすぐ行くのでお知らせにきたのじゃ」

そう言うと、お婆さんはにこやかに帰って行かれました。でも和子さんはその時、(生霊だ)と感じたそうです。案の定、戻った父に報告すると、「ああ、ウメさんな。今朝早く逝ったそうだよ。そうか、挨拶にきたか。律儀じゃのお」

そう言って、通夜に行くための支度を始めたそうです。
小僧さんとウメさんには、何か因縁があったのか、和子さんはそんなことも考えてみましたが、そう思わせるものは特になかったそうです。

-不思議な体験談
-