日本怖話

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

意味がわかると怖い話

意味怖 答え解説付「ある暑い日の夜」「かぶとむし」「葉書」

意味がわかると怖い話の「ある暑い日の夜」「かぶとむし」「葉書」を紹介。2ちゃん発祥のクイズのような推理のような、怖いけどクセになる不思議で面白い意味怖を答え解説付でまとめました。サクっと読めるよう短編を中心に、少しでも怖さが和らぐように恐怖の意味怖を猫が、意味怖の解説(答え)を犬が語ります。

意味怖 答え解説付「ある暑い日の夜」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
ある暑い日の夜
俺はどうも寝つけず外に散歩に行った
近所の人も俺と同じらしく外にでてきているようだ
ふと、向こうから悲鳴が聞こえてきた
そういえばもうそんな時期か
俺はそんなことを思いながら散歩をつづけた
ふと前から少年たちが歩いてきた
こんな時間になんだろうと思っていたら
いきなり、少年たちの一人が絶叫し逃げて行った
それにつられて他の子も逃げて行った
周りには石ばかり
ぶつかってけがをしないか心配だった
絶叫した少年たちは肝試をしに来た。
『周りには石ばかり』
とあることから、ここは墓地なのだろう。
石 ⇒ 暮石
『近所の人も俺と同じらしく外にでてきているようだ』
語り手は暮石からでてきた幽霊ということ。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

意味怖 答え解説付「かぶとむし」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
会社から帰宅してきてポストを開けると、紙切れが一枚入っていた。
そこには殴り書きの汚い字で何か書かれていた
文字はかすれていたが、何とか判読する事が出来た。
「か ぶ と む し」
…??
意味がさっぱりわからないが、
近所の子供の悪戯だろうと対して気にも止めなかった。
風呂から上がり、缶ビールを開けて至福の一時…!
…のはずが、…ぬるい!
どうやら、とうとうボロ冷蔵庫め!ブッ壊れやがったか。
常温のビールなど飲めたもんじゃない!
…私はブツブツ独り言を吐きながらも、
仕様がないので今からコンビニに行くかどうか迷った。
…が、風呂あがりで出かけるのも面倒臭い。
時計を見ると午後10時。
…妻は、残業で帰りが遅くなる旨のメールが先程あったばかりだが、
 もしかするとそろそろ帰ってくるかもしれない!
…そんな淡い期待を込めて、妻のケータイにかけてみた。
聞き慣れた着メロが、キッチンの方から聞こえた。
『かぶとむし』
はカタカナで
『カブトムシ』
と書かれていた。
『カブトムシ』と書かれた紙をひっくり返すと
『ツマイレタ』と読めるようになる。
つまり、冷蔵庫の中に妻が入れられているのだろう。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

意味怖 答え解説付「葉書」

怖い話をする猫
怖い話をする猫
交通事故で少年を轢き殺した男が、
母親に慰謝料を払いたいと申し出ると、断わられてしまった。
「代わりに毎月13日には、やった事を忘れないよう自分宛に葉書を送ってほしい」と、
宛名の書かれた、たくさんの葉書の束を彼女は男に渡した。
何年も男はその約束を守ったが、
いつまでもこんなやり取りはお互いのためにならないと思い、
葉書を燃やした。
すると、あぶり出しで文字が浮かんできた。
『ひとごろし』
たくさんの葉書にあぶり出しで
『ひとごろし』と書いているとは、
相当な恨みを持っていたのでしょうね。
たくさんの葉書を渡した理由は、
燃やしてその文字を見せるため?
さすがにたくさんの葉書があると、
ゴミとしては捨てづらいから、
燃やして処分すると予測していたのだろうか。
葉書が届かなくなったら、
恨みが爆発してこの母親は
『少年を轢き殺した男』に
手をかけるかもしれない。
怖い話を聞く犬
怖い話を聞く犬

-意味がわかると怖い話
-