恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

楽しい高校1年の夏休み。原動機付自転車で峠へ行った際に…

高校1年の夏休み。原動機付自転車であちらこちらに行くのが楽しくて、その日の夜も友達と原動機付自転車で遊びに行きました。民家も無く、信号も無く、車通りも少ない峠。そこで霊感が強い2人が、同時に同じ得体の知れない恐怖体験に遭いました。

これは私の旦那が実際に体験した話です

楽しい高校1年の夏休み。原動機付自転車で峠へ行った際に…の画像

旦那が16歳の夏の夜、親友のA君に原動機付自転車で夜の峠を走りに行こうと誘われ、旦那は原動機付自転車で友達の家へ向かい合流。
そして友達と近所の峠へと向かったのでした。

その峠は街灯はあまり無く、民家も峠の入り口までしかない為、男の子達は夜な夜なその峠で走っていたそうです。
原動機付自転車を快調に飛ばす、旦那と、その友人。
丁度中間辺りで旦那は異変に気付いたそうです。

元々霊感が強かった彼は、走ってる最中に人の呻き声なのか?悲鳴なのか?何やら得体の知れない声を感じ取っていました。
だけどその時は、風を切る音だろう。と、特には気にしない様にしていたみたいです。
丁度山頂とでも言うのか、開けた道に出て来たので、旦那と友人は止まりました。

友人「十分走ったし、そろそろ引き返すか!」
旦那「そーしよか!」

そんな時、旦那がふと原動機付自転車の右ミラーを見ると、そこのに髪が長く、白いワンピースを来た女がこちらに向かって歩いて来てるのが見えたそうです。

旦那はビックリして、その方向を見ました。
しかし、そこには誰もいません。
もう一度ミラーを見ると、何もいなかったそうです。

旦那「アレ何やったんやろ…」

旦那「アレ何やったんやろ…」の画像

気付くと友人は来た道を戻ろうとしていました。
旦那も付いて行きます。
道中、前を走る友人が蛇行運転をし始めました。
旦那「アイツめっちゃ楽しんでるなぁ。しかしアレ何やったんやろ…」

峠ですから信号なんてありません。
一気に山を駆け抜け、やがて民家のある所へと戻って来ました。
そして信号待ちになり、友人が口を開いたそうです。

友人「なぁ…今日さぁ…ヤバかったわ。なんつーか、とんでもないのが居たっつーか…走ってる最中も声みたいなん聞こえるし…」
旦那「えっ!?○○もか?俺もや。ほんでな、あの山頂でな」
友人「何や、○○も見たんかいな。」
旦那「えっ?○○も…見たって事?」
友人「うん。そーや、せーの!で同時に何を見たか言お!」
旦那「えぇよ!」
友人「せーのっ!」
2人「髪の長い白いワンピースの女!」
旦那「マヂかー!貞子みたいなん○○も見てたんかいなぁ!」
友人「そーや。ほんでな、帰り道、俺ずっとアイツに悪さされとったんや。」
旦那「嘘つけ!笑 蛇行運転して楽しんでたやないか!笑」
友人「…それな、俺ちゃうねん。」
旦那「えっ?何が?」
友人「あんな舗装しっかりされた道やのに、ずっとスリップしとった…いや、させられてたっちゅーか…」

2人は青ざめたそうです。
それ以来2人は、2度とその峠は行かなくなったとのことでした。

-恐怖の心霊体験談
-