怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

笑える心霊体験談

東名自動車道を車と並走する老婆の悲惨な末路

数年前、私は家族で山梨の昇仙峡に日帰り旅行へと出かけました。
昇仙峡は紅葉の名所であり、紅葉狩りも兼ねてウォーキングコースコースを散歩する為です。

朝早く出たため、中央自動車道がガラガラで、予定の時間よりも早く着いてしまいました。

東名自動車道を車と並走する老婆の悲惨な末路の画像

ウォーキングコースで紅葉狩りを済ませ、名水で打たれた蕎麦を食べ、名産の水晶を見て回る観光を終える頃には、すっかり夕方でした。
行楽シーズンの中央自動車道は、事故などで物凄く混むことがあります。
急いで私達は帰路に着いたのですが、昇仙峡の最寄りの甲府昭和インターに入った瞬間に、事故渋滞に巻き込まれてしまいました。

車は全く進まず、二時間ほどしてのろのろと動いた後に釈迦堂パーキングエリアの看板が見えてきたので、しばらく時間を潰そうという話になったのです。
運転していた父親は仮眠を取り、夜の22時頃に渋滞の緩和も見てから再出発。

その日は土曜日だった為か、渋滞は緩和されており、ほとんど中央自動車道を走る車はありませんでした。
そうして出発してしばらくすると、心地よい車の振動と、昼間の紅葉狩りの疲労からか、うとうとと船をこぎ始めた、その時です。

突然、音が全く聞こえなくなり、体が動かなくなったのです。
時たま金縛りに合う事はありましたが、車の中での金縛りは初体験で、気持ち悪いなーと思っていると、車の窓の外から気配を感じました。

気になったので、その方向に首を動かそうとしてみると、油の切れたネジの様にゆっくりと、力を入れて窓の外に向けた瞬間、そこには異様な光景が。
外には白い着物を着た、老婆が居たのです。

時速80キロの車の横にです、更にその老婆は四つん這いになり、まるで犬の様にアスファルトを両手両足で軽快に駆けていました。

時速80キロの車の横にですの画像

今思い返してみれば、都市伝説に『ターボばあちゃん』なんていうものがありました。
この老婆がターボばあちゃんなのかどうかはわかりませんが、少なくともただ者ではありません。
いいえ、恐らくは『もののけ』か『バケモノ』です。
人間こういった現実離れをした光景を見ると、恐怖よりも先に驚愕の方が先に来ます。
私がこの老婆を見た時、頭の中で思ったのは『漫☆画太郎の漫画みたい!』でした。

さて、その掟破りの地元走りで疾走する、四足歩行のターボばあちゃんは、こちらの視線に気付いたのか首だけこちらに向けると、私に向かって笑いました。
その笑い方は四つん這いで走っているとは思えない程、爽やかで、思わず笑顔でサムズアップを返したくなる程でした。

しかし、どの世界にも脇見運転というのは危険な行為です…こと、時速80キロで走行中ならば余計に、更に外の老婆は素手で素足なのです。
道路と道路を繋ぐジョイントに足を引っかけたのか、それとも足がもつれたのかはわかりませんが、一瞬だけ老婆は、驚愕の表情を浮かべたのです。
その直後、老婆の姿は左から右へと消えており、それと同時に私は金縛りから解放されました。

流石に車の中でその話をするのもあれなので、帰ってから両親にその事を話すと『夢でも見てたんじゃないの?』と笑われました。
でも、私の頭の中には、老体とは思えない程の爽やかな笑顔と、一瞬だけ浮かべた驚愕の表情が離れず、あれが夢の産物だとは思えないのです。
あの老婆が両親の言う通り、私の想像上の産物だったのか、それとも高速道路に潜む怪異だったのかはわかりません。
しかし老婆は、運転に慣れてきた頃に忘れがちな教訓を、確かに思い出させてくれたのです。

『スピードの出し過ぎには気を付けましょう』
『わき見運転はしないようにしましょう』
皆様も夜間の高速道路での、長時間の運転には注意してくださいね。

-笑える心霊体験談
-