怖話短編集

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

霊感のある友だちと一緒に見た黒い影の走者

私が大学生の頃、とても仲のいい友達がいました。その子は、いわゆる霊感のある子で「坂の上に赤いワンピース着た人が手を振りながら立ってる。怖い」「2つのトイレの壁に、女の人が布団みたいにぶら下がってる」とよく話してくれていました。

私は元々心霊番組を見るのが好きだったし、「へー、そんなのが見えるんだねー」と答える反面、嘘っぽい話だよなぁと思っていました。

霊感のある友だちと一緒に見た黒い影の走者の画像

ある日、空きコマだったので空き教室で2人一緒に、動画サイトで心霊映像を見ていました。

夏の暑い頃で、部屋にクーラーをかけていたと思います。
ふと、何の気なしに顔をあげると、扉がちょっと開いていたんです。
廊下が5センチくらい見える感じだったので、実際には8センチくらいでしょうか。
その隙間から、目が離せなくなったんです。何もないのに。気になって、友だちに聞きました。

「ねぇ、あそこめちゃくちゃ気になるんだけど、なんか見える?」
「うん、こっちみてる人がいるよ」

親族の体験談で、「霊感がある人と一緒にいると、霊感がうつる」と聞いたことがあったのでこれが霊感かと思いました。実際には姿は見えてなかったんですけど。

それから数ヵ月して、その子と放課後に夕食を食べに行きました。
もう秋も深まる時期で、肌寒かった日でした。
19時すぎくらいでしょうか。そんなに遅い時間でもないのに、
日が落ちるのは早く、田舎なものであたりは真っ暗でした。

街頭がポツポツとあって、道路の両側に歩道がある1本道を2人で並んで歩いていました。

街頭がポツポツとあって、道路の両側に歩道がある1本道を2人で並んで歩いていました。の画像

友だちが車道側、私は外側。
お寿司おいしかったね、明日の授業めんどくさいね、レポート終わんないなど
楽しい雰囲気で満ちていました。いつも通りの会話でした。

会話の最中に、対向の歩道をランニングしている人がいたのを見かけました。
こんな寒いのによく走るよなぁ。そういえばそろそろ持久走の時期だっけ、懐かしい…
なんて昔を思い出しながら、駅に向かって歩いていると
私の2メートル前くらいでしょうか、突然地面に黒い影が出てきて
私たちの間をその影が走り抜けて行ったんです。

見たのは地面にうつる黒い影のみ。走っているであろう本体は見えないんです。
いきなりのことに驚いて、振り向きました。友だちも同じタイミングで振り向くのが見えました。

でもそこには何もなくて、走る影もなくて。ましてや対向の歩道にも誰もいなくて。
それまできゃっきゃと話していた私たちは無言になりました。
「今幽霊いたよね」っていうと、幽霊にばれるかもしれないから。

駅について電車が来るまでずっとしゃべれませんでした。
「また明日」と一言挨拶を交わし、電車に乗ってから連絡しました。
「黒い影が通って行ったよね?」
「同じタイミングで振り向いたとき?びっくりしたね」
友だちにもあの影は見えていたのだと思うと、やはりあれも霊感がうつったからなのでしょうか。

-恐怖の心霊体験談
-