恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

私の前に現れたびしょ濡れの女性が伝えたかった事とは

20代の時友人と109に遊びに行った時、私だけに見えた女性の話です。
あの時本当に他の人には見えていなかったのか?あの女性の怖い顔は、私に何を伝えたかったのか…。今だに思い出すと不思議な気持ちでいっぱいです。あの体験は一生忘れられない体験です。

学生の時に学校の帰り友人と3人で渋谷の109に遊びに行きました

私の前に現れたびしょ濡れの女性が伝えたかった事とはの画像

その日は土砂降りで、雨宿りがてらかいつもより混雑していました。
皆楽しそうにショッピングしています。

私達もとりあえず上から下へお店を見て回ろうと、話しながら当てもなくお店を見ていました。
エスカレーターから下りてきて、一階に着いた時です。

3人で横並びで歩いていたのですが、入り口付近に気になる女性が居ます。
傘を忘れてしまったのか、上から下までとりかくびしょ濡れです。

寒いにも関わらず薄手のワンピースを着て、手には大きなトランクケースを持って立ちつくしています。
あまりにびしょ濡れになった事がショックだったのか、一歩も動きません。

失礼な話…、うわっ!やばい感じの人だわこりゃ!とそう思いました。
周りの人も誰も彼女を見ない様、通り過ぎています。

大丈夫ですか?なんて声をかけたらすごい目で睨まれそうですし

大丈夫ですか?なんて声をかけたらすごい目で睨まれそうですしの画像

何かされそうです。
とても話しかけられる雰囲気ではなかったのです。

そんなやばい女性だから、気が付いていても友人達も口にしないんだろうなと、少し離れたお店に入った時、2人に小声で言いました。

さっきのびしょ濡れの人の目やばくなかった?
何か失恋でもしたのかもね、あんなびしょ濡れじゃ店に入っても絶対迷惑がられちゃうね。

すると2人は、はっ?何の事?そんな人何処に居たの?と笑っています。
あんな目立っていたじゃん!2人共真横を通り過ぎたじゃん!
あの寒そうなワンピースの人だってば!まだいるかも!

急いで戻りましたがもう姿はありませんでした。
あんなに滴っていたのに、床には水たまりもありません。

2分前まではここに居たの!と何回も特徴を説明しましたが

2分前まではここに居たの!と何回も特徴を説明しましたがの画像

友人達は笑って相手にしてくれません。
びしょ濡れの彼女を見たのは私だけなの…?

あの時彼女は立ちつくしたまま、滴たる雨、大きなトランクケース、そして一点を見つめていたのです。
しかし1回だけこちらを向き、ギロっと私を見て目を離さなかった…。

わっ、何か文句言われそうと、その時すぐに目を反らしてしまいましたが、もしあの女性が霊だったとしたら…。
どうしてあんたに私が見えるの?と言いたかったと思います。

私がもしあの時、大丈夫ですか?と声をかけていたら、何か私に伝えたい事があったのかもしれません。
あのトランクケースは、旅行に行く所だったのかな…。

帰宅してからもずっとその事を考え、頭から離れなくなってしまいました。
あまりの鮮明さに、あの女性の顔、姿をノートに書いてみたのです。
この話をしていた母に、この絵を見せたところ、笑顔が消えました。

これ何か見て書いたの?

これ何か見て書いたの?の画像

絵心は元から割とある方ですが、確かにその絵はかなり上手く描けたと思います。

母はぼそっと、これ親戚の叔母さんに良く似ているよ。
ワンピースもトランクケースも見た事があるかもしれないと、まさかの答えでした。

その叔母さんは事故で亡くなったらしく、原因は水死でした。

旅行に行く途中だったらしく、その瞬間ゾクゾクっとして涙が出てきました。
怖いという気持ちよりかは、何故私の前に現れたの?
私に何を伝えたかったの?それがわからなかったのが悔しかったのです。

その後すぐ私は体調を崩し、友人達と計画していた旅行も、私の体調不良のせいで延期になりました。
それから暫くしてわかったのです。

もし私が予定通り旅行へ行っていたら、私は亡くなっていたかもしれません。
あの阪神大震災の日だったのです。

もしかしたら、あの時叔母さんが私に伝えたかったのは、私の危機を伝え防いでくれたのかもしれません。
きっとそうなんだと感じます。

一生に一回の霊体験でしたが、今わたしがここに居られる事は、あの体験のおかげかもしれないと、感謝すると共に、今だに昨日の事の様に思い出す不思議な体験です。

-不思議な体験談
-