恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

まったく知らない幽霊?に誰かと間違えられました

一人暮らしの部屋でたびたび感じる視線。ある夜、突然目の前に知らない男の幽霊?が現れ、金縛り状態に。男は私を見て「こいつやない」と言い、一瞬で姿を消しました。その日以降視線を感じることはなくなりました。

大学生になり初めて一人暮らしを始めました

まったく知らない幽霊?に誰かと間違えられましたの画像

引っ越しして2か月ほどたったころ、部屋の中で視線のようなものを感じることが増えました。

私全然可愛くないのに、もしかしてストーカー?と思ったりしましたが、視線を感じるだけで他に被害がなかったので放置していました。ある日の夜、お風呂から上がって冷蔵庫から飲み物をとろうとしたとき、知らない男の人がそこに立っていました。

30代くらいのどこにでもいるような、特に特徴のない(びっくりしていたので詳細に思い出せないのかもしれません)人です。強盗だと思い、助けを呼ぼうとしましたが、なぜか声が出せません。

それどころか体がまったく動かないのです

それどころか体がまったく動かないのですの画像

男はゆっくりと私の方へ向かってきます。顔から足の指先まで、なめるようにじっとり、品定めをするような目で見られました。

怖くて仕方ないのに目を閉じることさえできず、心の中で助けて!と祈っていました。どのくらいその状態が続いたか正確にはわかりません。「こいつやない」という声が聞こえた後、男の姿は目の前から消えました。

部屋から歩いて出て行ったのではなく、突然目の前からいなくなったのです。と同時に体に自由が戻った私は、その場にへたりこんでしまいました。強盗だと思った男は人間じゃなく幽霊だったのでしょうか。

彼は誰かを、例えば死に別れた恋人もしくは恨みを持った女を探して、私がその人に似ていて間違えたのでしょうか。真相はまったくわかりませんが、その後部屋で視線を感じることはなくなりました。

-不思議な体験談
-