恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

未確認飛行物体は緑色の光を放っていた

大阪の堺市でみた緑色の光をはなつ未確認飛行物体を子どものころにみましたが家族をよびにふたたびその場所へもどるとその未確認飛行物体はその場所からきえており2度とみることができませんでした。

子どものころに一度だけ不思議な体験をしたことがございます

未確認飛行物体は緑色の光を放っていたの画像

その話をまわりに話てもなかなか信じてくれませんが私は子どもながらにこの出来事は鮮明に覚えております。

私は子どものころ大阪の堺市に住んでおりました。子どものころ夜に家族で夜に満月をみていました。場所は玄関の外でした。このひは流星群もみえるとニュースでしていたひでした。

しばらく家族で月をみておりましたが家族はさきに家のなかにはいってしまいました。子どもの私はまだそとで星や月の余韻をたのしんでおりました。しばらくして季節も冬だったため寒さに耐えれなくなり家に向い帰り始めていたときのことでした。

時間帯は深夜のため田舎であるこの地域はまわりには自分いがいはだれもいませんでした。あたりは月明かりいがいは街灯がないなか道路のつきあたりから緑いろの光がまぶしくひかっているのがみえました。

子ども心になんだろうと不思議におもうとともに好奇心いっぱいだった私は

子ども心になんだろうと不思議におもうとともに好奇心いっぱいだった私はの画像

その緑色の光をみるためにつきあたりをめざし歩き始めました。つきあたりをまがるとでかい円筒の乗り物をした物体が道路にとまっていました。

道路をうめつくすくらいのかなり大きな物体でした。小窓が乗り物にはいくつかついておりましたが緑色の光がまぶしすぎて目を開いているだけでいっぱいいっぱいでした。好奇心というより得体のしれない物体におどろいてしまい大いそじで両親をよびにわが家まではしりだしました。

両親に理由を説明したらまったく半信半疑のことをいわれてしまい私は無我夢中で緑色の物体の話をしました。父親が笑いながら私といっしょに奇妙な物体をみにそとにでてくれました。

私は小走りに突き当りを目指してすでに緑色の光はなく真っ暗でした。つきあたりをまがると真っ暗な道路があるだけですでにその物体は無くなっておりました。

父親は笑顔で家に戻ろうと話しました。大人になってこの出来事を誰かに話をしてもあまり信じてはもらえませんが私のなかでは未確認飛行物体なのではないかとおもっております。あれ以来実家にかえったときにおなじ時間帯に外にでますがあの飛行物体は2度とみることはないです。

-不思議な体験談
-