恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

交通事故で意識を失っている間に起きた実話

高校1年生の秋。翌日は私服での遠足だったので、その為の服を買いたくて浮き足立っていました。部活が終わり早く帰りたかったので、駅までの自転車は自然と速度が上がっていたと思います。

目の前の信号は青。信号までは少し距離があるので

目の前の信号は青。信号までは少し距離があるのでの画像

間に合わせる為に力一杯ペダルを踏み込みました。歩道がない片道1車線の少し狭い道で、左前方に車が一台駐車してたのでそれを避ける為に少しセンターライン寄りに走りました。
そこで私の記憶は途絶えています。
何が起こったのか全くわかりません。
覚えているのは、駐車しているワンボックスカーと前方の青信号。
次に目を開けた時は病院。
数時間の記憶がありません。

私は前方からきたバイクと正面衝突をし、横のワンボックスカーに頭を強く打ち倒れたようです。
記憶のない数時間の間、とても不思議な夢を見ていました。

私は陸上部でした。
その日は大会で、なぜか試合会場の医務室にいました。そこの小さな窓には鉄格子がされていて、そこから外で練習している人が沢山見えます。
正直部活は好きではなく、もちろん練習も嫌いな私でしたが、外の練習風景はとてもとても楽しそうですごく参加したくてたまりませんでした。
リレーメンバーが見えたので声をかけると『メンバーが足りないから早く来てほしい!おいで!!』と笑顔で誘われました。リレーメンバーは4人。外には4人揃っているのに私が必要と言われ少しとまどいましたが、何よりも楽しそうだったので『わかった!今すぐいくから待ってて!!』と言い鉄格子から手を離そうとした瞬間、右側から自転車に乗った私が走ってきたのです。

ビックリして見ていると左側からバイクが勢いよく走ってきます。

ビックリして見ていると左側からバイクが勢いよく走ってきます。の画像

外で練習している人たちは顔の部分が黒くて誰なのかわかりません。色も少し淡い感じでした。でも自転車のわたしとバイクに乗った人は顔もハッキリわかるし、色も鮮明です。
『ぶつかる!あぶない!』と思い目をつぶった瞬間『バンッ!!』と言う衝撃音が耳元で大きく鳴り響きビックリして目を開けました。

そして目の前には泣いている母がいました。目を覚ました私に安堵し、泣いてしまったようです。
さきほどの試合会場ではなく、どこかよくわからない部屋で寝ていて、腰に激痛が走りました。
あなたは交通事故に遭い、今まで意識を失っていたんですよと警察の方に説明され、状況を徐々には把握する事ができました。

車に頭をぶつけ意識を失い、救急車で運ばれたようです。
幸い怪我も軽く、腰の横の骨を数本骨折しただけで済みました。
意識を失っている間に見た楽しい夢。あれは何だったのでしょうか。あそこでリレーメンバーに参加していたら意識は戻っていなかったんではないか...色々考えると少し怖くなりました。
嘘のような話ですが私が体験した実話です。

-不思議な体験談
-