恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

これが私が幽霊がいると信じ始めた理由です

2つの話を紹介します。同じ職場の話で、1つは自分に合わない霊を取ってもらった話、2つ目は職場の工場にいる霊の話です。どちらも私が直接体験した話ではないですが、今まで幽霊をあまり信じてなかった私が信じ始めたきっかけとなった出来事です。

1つ目は以前働いていた職場の人(以下Aさん・女性)の話です

これが私が幽霊がいると信じ始めた理由ですの画像

Aさんは今までで5回猫を車で轢いてしまった経験がありました。しかも5回目がお隣さんの猫でした。

結果的には轢いたというよりもタイヤに少し当たってしまった程度だったのですが、Aさんはさすがに5回目だったのでかなり落ち込んだそうです。それからというものの、車を運転するのも怖くなり、気分も常に沈んでしまっていました。

それが数日続いたある日、同じ職場の人(以下Bさん・男性)から「ちょっと来て」と呼ばれ行くと、「後ろ向いて」と言われたので言う通りにすると、両肩をポンッと叩かれ、「はい、いいよ」と言われたそうです。すると肩が軽くなった感覚がしたそうです。そしてBさんから「合わない霊がついてた」と言われたそうです。

Bさんはかなりの霊感の持ち主で、毎年お盆に墓参りに行くと必ず見えるとか、海に行くと人の手が見えるといった見たくないものが見えるという経験を常にしているそうです。そのおかげでAさんは気分が沈んでるといった状態はなくなりました。

「どんな霊だったのか」と聞くと、「知らない方がいい」ということだったので気になります。そのAさんについていた霊はどうしたかというと、同じ職場の人(Cさん・男性)の肩にBさんがペタッとつけたそうです。

するとCさんがだんだん「肩が痛い、肩が痛い」と言い出し

するとCさんがだんだん「肩が痛い、肩が痛い」と言い出しの画像

その数か月後に体調を崩し1か月ほど休職してしまいました。その霊のせいではないかと思ってしまいます。

2つ目は同じく職場の人の話です。私が働いていたのは事務所だったのですが、そこから車で5分ほどの場所に工場があります。その工場には常に女性の霊がいるそうです。シャワー室があるのですが、そこに行くと霊感のない人でも気持ち悪くなるそうです。私は行ったことありません。

夜に誰かが残業していると、他に誰もいないのに足音が聞こえたりするそうです。ちなみにBさんはもちろん見えるので、霊が自分の方を見てると「見んなよ」と言ったそうです。

するとその霊はスッと隠れたそうです…。そんなある日事件が起こりました。作業中のところの写真を撮って見てみると、ある工場員(以下Dさん・男性)の人の足に女の人が抱き着いてるように見えるというのです。

その写真をBさんに見せると「Dさんの足にこれから何かあるか…」と言いました。Dさんには黙っておいた方がいいということで、そのままにしていました。

するとその約半年後、Dさんがいつもの通り作業をしていると、中二階ほどの高さから転落し、足を骨折してしまいました。ゾッとしましたが、骨折で済んでよかったと思います。その女性の霊はどうにかならないものかと今でも思ってしまいます。

-不思議な体験談
-