恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

廊下で会ったのは死んだはずの祖父だった

祖父の葬儀当日。ばたばたと準備をしていたわたしが見たのは、死んだはずの祖父の姿でした。しかも、そのことを親戚たちに話すと、なんと他にも複数の目撃者がいることが判明したのです。なにを伝えたかったのかは未だに不明です。

それは今から20年ほど前の出来事です

廊下で会ったのは、死んだはずの祖父だったの画像

病に倒れて寝たきりだった祖父の訃報を受け、わたしたちは祖父の家に行き、葬儀の準備をしていました。古くて大きな家で、葬儀は自宅で行なわれることもあり、朝から晩まで大勢が訪れていました。

葬儀当日のことです。
誰もいないはずの部屋に向かう姿に見覚えがありました。祖父の歩きかたです。あれ?と思い行ってみると誰もいませんでした。

みんながいる部屋に戻り、いま見たものの話をすると、何人かのいとこたちが、

「実は自分も見た」

「さっきすれちがった」

というような話をしだしたのです。

実は祖父自体が「視える」タイプの人間でした

実は祖父自体が「視える」タイプの人間でしたの画像

あまり話したがりませんでしたが、若い頃は苦労したようです。

「まあ、視える人だったしね」

と話してその場は終わりました。祖父を見かけたのは、今まで一度も幽霊を見たことのない人間ばかりでした。

それきり、祖父は現れませんでした。なにか伝えたいことがあったかもしれませんが、今となっては分かりません。

ただひとつ困ったのは、わたしの妹が、それ以降「視える」ようになってしまったこと。たびたび、おそろしい目に遭っているようですが、祖父と同じで話してはくれません。もし、それが妹ではなくわたしだったらと考えると、今でもかなり、怖いと感じています。

-不思議な体験談
-