恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

不思議な体験談

小学校の出窓から一本の何かが見えている

小学校2年生の話です。学校が終わり、友達と帰ってましたが忘れ物に気付き私だけ学校に戻りました。生徒が残っていてもいい時間でしたが、誰もいません。教室に向かうまでの廊下の窓に一本の足がありました。その場はすぐ通り過ぎましたが戻るときには何もなかったという話です。

小学校2年生の頃の体験談です

小学校の出窓から一本の、何かが見えているの画像

夏が終わり過ごしやすくなってきた頃です。いつものように友達複数と家に帰ろうとしていました。たまたまその日は習い事があり、ランドセルては、別のカバンを持っていました。

ちょうど校門を出た辺りで、カバンを忘れたことに気付き、私一人だけ教室に戻る事になりました。友達には先に帰宅してもらい、ちらほら生徒が残ってる学校に戻りました。

時間としては、16時過ぎくらいでした。ホームルームが終わり30分くらいしか経っていなかったと覚えております。同じ学年の生徒が残っていてもおかしくない時間なのに、その日は誰も残っていませんでした。

中央の階段を上がり、2階の教室まで向うのに1つ別の教室の前を通らなくてはいけません。

なんたなく、不気味な雰囲気を感じましたが、習い事に遅れることは出来ないので、急いで取りに行かなければならないが、、なんとなくこの雰囲気が嫌だなとも思いました。

自分の教室の1つ前の教室がやたら暗いことを遠目から確認しました

自分の教室の1つ前の教室がやたら暗いことを遠目から確認しましたの画像

明らかに他の教室と違う状況でした。それは、西日が全く指していなく、その部屋だけが深い闇になっていました。

スクリーン観賞用のカーテンをかけているだけと思い、何も考えず、その真っ暗な教室の前に来ました。

教室の窓から、真っ白な一本の足が立っていました。
そのまま10分くらい見ていましたが、動きもしなかったので、気にせず帰りました。

その後10年経ったくらいに、たまたま同級生に会いました。ふと思いだしその話をしたら、40年前開校当初に、
細身の女性がその教室で倒れ、そのままおなくなりになったそうです。

その人は片足を事故で失っていたそうで、なぜ足だけ残ってしまったのか、そのまま成仏せず学校までたどり着けたけど、本人がいなくなってしまい残ってしまったのかと思います。

それ以来、不思議な体験を10年に1回くらいしております。
もうそろそろ、そんな時期となります。

-不思議な体験談
-