恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

誰もいないはずなのに!暗闇の中で耳元で囁かれる恐怖

バイト中、突如鳴り響く火災報知器の警報音。警報音を止める機械は、今は使われていない地下室だった。同僚の女の子と二人、懐中電灯を片手に地下室で警報音を止める装置を探していると、突然耳元で男性が囁く。「どうしたの?」恐怖で全身が凍りついた。

数年前のこと私はラブホテルのフロントのバイトをしていた

誰もいないはずなのに!暗闇の中、耳元で囁かれる恐怖の画像

深夜に差し掛かった時、突然に

ジリリリリリ

と、火災報知器の警報音が鳴り響いた。
すぐに現場に行くと、浴室で喫煙したことによるものだということが判明。

すぐに警報音を一時的に止めるボタンを押し、大元の操作盤で止めることになった。

警報音を止める装置は、今は使われていない地下室。
使用されていないので電気は通っておらず真っ暗、しかも深夜。
怖いという気持ちはあったが、唯一の男性社員は一時的に音を止めるためのボタンを押しながら、かかってくる客室からの内戦対応に追われており、私と同僚の女の子と二人で行くことになった。

懐中電灯を片手に、同僚と手を繋ぎながら地下室へ。
何も見えない無音の地下室が、これほどまでに不気味なものか。

さっさと見つけて退散しようと、無駄に大きな声で
「どこだろうね?あっちかな?」
などと話しながら警報音を探す。
ありがたいことに、早めに見つけることができ警報音を無事に止めることができた。
あとは引き返すだけと安心したその時

「どうしたの?」

右の耳元で男の人が囁いた

右の耳元で男の人が囁いたの画像

そこには私と同僚の女の子しかいないはずなのに!

恐怖で叫びながら、同僚の手を引っ張り扉へと向かって走り出す。
階段も駆け上がり、男性社員が待つフロントに。
いたずらかと思い
「ちょっと変なことしないでよ!」
と問い詰めたが
「お前らが帰ってくるまでこのボタン離せないのに、出来るわけないじゃん」
と言われてしまい、さらに一緒にいた同僚の女の子が
「私も、右耳に囁かれたんだけど。。。」
とポツリ。

怖すぎてそれ以上のことは聞けず、誰も口を開こうとしなかった。
それ以来、誰も地下室に近づくことはなくなった。

-恐怖の心霊体験談
-