恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

真夜中に窓の外から聞こえてくる恐怖の足音

何年も前の話です。自宅の自分の部屋での体験です。夜中に寝ようと思い、布団に横になっているときです。窓の外から不思議な足音が聞こえてきて、金縛りにあってしましました。なんとか金縛りをとくことができて、それ以上の怖い思いは避けることが出来ました。

自分の部屋でのんびりゴロゴロしていました

真夜中に窓の外から聞こえてくる恐怖の足音の画像

もう何年も前のはなしです。
私がまだ20歳くらいの時の出来事です。
時間はもう夜中になっていました。
その日は自宅に居ました。

友達から電話があり、「今から遊びに行ってもいいか?」聞かれたので「もう遅いし、またこんどにしよぉ~!」と断りました。
しばらく会話を楽しみ、電話を切りました。
やることもなくなり暇になったので、そろそろ寝ようかなぁ~!と思い、布団に横になっていたときです!

窓の外から音が聞こえてきました。
「あれ?なんだろう??」と思いましたが・・・
その音は、足音に聞こえてきました!

「あぁぁー。ダメだって言ったのに~。勝手に友達押しかけて来ちゃったかなぁ~しかも玄関からじゃないのかよぉー。」
と思いました。
当時の私の部屋は1階にあり、布団の横の窓の外は砂利になっていて人が歩けるくらいのスペースがありました。

だんだん音が近づいて来るな~と思った瞬間です!!
私は金縛りにあってしまったのです!
生まれて初めての金縛りです!!
体を動かすことも出来ませんが、声を出すことも出来ません。
ですが、窓の外の足音はどんどん近づいてきます。

それだけではありません。
足音の数がどんどん増えていくのです。
窓のすぐ近くまで来た時には大勢の音です。
「ガシャン・・ガシャン・・ガシャン・・」
まるで鎧を着た人が歩いているような足音なのです!普通の人ではないとわかります。

「ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!」

「ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!」の画像

金縛りにあった瞬間に、直感で絶対に目を開けてはダメだと思い目は閉じていました。
絶対に見ちゃダメだ!
パニックなはずなのに、なぜか冷静な部分もありました。
「ガシャン!・・ガシャン!!・・ガシャン!!!・・」

もう窓1枚隔てた向こうです!
どうにか金縛りをとかなくてはと思い、動かない体を動かそうと、出ない声を出そうと必死になりました。

「誰か・・!」
「お母さん・・!」
叫んでいるつもりでも、誰にも聞こえることはありません。
どれくらいの時間だったかわかりません。体が動いた!!
と思った瞬間金縛りがとけたのです!
それと同時に大勢の足音も消えました!

助かった・・と。
心の底から思いました・・。

直感で目を閉じていたおかげで怖いものを見ないで済みましたが、本当に怖くて怖くて恐怖でした。

今は引っ越していてその家には住んでいません。
それ以来、その足音を聞くことは一度もありません。
なぜあのような体験をしなければいけなかったのでしょう・・
もう2度とあのような体験はしたくありません。

-恐怖の心霊体験談
-