恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

不動産屋に聞いた「いわくつき物件」で起きた恐怖

新社会人となり、一人暮らしを決意した私は、不動産屋巡りをしていた。そこで、ある不動産屋の担当者だったAさんから「いわくつき物件」についての体験談を聞く事になる。これは、誰もが経験するかもしれない日常に潜む恐怖の話です。

これは今から3年ほど前の話になる

不動産屋に聞いた「いわくつき物件」で起きた恐怖の画像

当時、社会人になったばかりの私は、住み慣れた実家を離れて一人暮らしする事を決意し、時間を見つけては不動産屋を巡っていた。

何度か足を運ぶうち、いくつか気になる物件も見つけ、不動産屋に車で物件を案内してもらうようになった。

そのような時は、車内では不動産屋の担当者と他愛もない世間話をしていたのだが、どうしても私は、ある質問がしたくてたまらなかった。

“心霊体験をした事があるか?”

よく「いわくつき物件」「訳あり物件」などと呼ばれる物件があるが、実際にそういったものは存在するのだろうか。不動産屋に勤めている方であれば、内情に詳しい筈だし、そういった心霊体験を経験している方は多いかもしれない。

オカルト好きの私にとって、不動産屋というのは、魅力的な職業だった。私は、失礼を承知で、その不動産屋の担当者に聞いてみる事にした。

「あ~、これが結構あるんですよ。意外と」
その担当者Aさんは、苦笑しながら答えてくれた。興味をそそられた私は、どんなエピソードがあったのか、尋ねた。

「う~ん、1番怖かったのは、女性の幽霊ですかね」
もうだいぶ昔の話だから。そう断ってから、Aさんはその体験談を話してくれた。

Aさんの元にあるお客さんが相談にきた

Aさんの元にあるお客さんが相談にきたの画像

そのお客さんは、20代の男性で、見た目はごく普通の会社員。ただ、少し普通の客と違っていたのが、「とにかく安い物件」を探していたという事。その人は、一切オカルトを信じないタイプらしく、いわくつき物件であろうが、安ければ何でも良いと言ったそうだ。

そうは言いつつも、いわくつき物件なんて簡単に紹介できる訳はない。なんとか無難な物件に収まるよう交渉を頑張ったそうだが、そのお客は全く折れない。困り果てたAさんは、遂に、ある物件を紹介したそうだ。

それは、まさに「事故物件」だった。前の住人が自殺をしたのである。その部屋には女性が住んでいたのだが、ある日突然、首を吊って亡くなった。

そういった経緯があった為、不動産屋もその物件はお蔵入りにしていたが、その話を聞いたAさんは乗り気になったらしく、そのまま契約に至ったらしい。

都心で、駅からかなり近く、広さもまずまず。それで家賃は5万円を切っていたのだから、その客が飛びつくのも無理はなかった。

ただ、それからしばらくして、そのお客から電話があった。

「ちょっと、この部屋ヤバイかもしれない。雰囲気がおかしい」
Aさんは耳を疑った。オカルトなんて全く信じないと豪語していた人である。その人が、切羽詰まったように、「ヤバイ」と言っているのだ。

「えっ、なにか変な事でも起きました?」

「えっ、なにか変な事でも起きました?」の画像

Aさんが聞くと、その客は答えた。

「勝手にテレビが点いたり、洗濯機が動き出したりするんだよ。俺以外に誰もいないはずなのに」
Aさんは嫌な予感がした。なおも、その客は震えるような声で言った。

「というか、ここマジでおかしいって。さっきから、誰かの気配がするんだよ。ずっと視線を感じる….」

Aさんは背筋に冷たいものが走るのを感じた。なんとか客を宥めかせて、しばらく様子を見るように説得した。

しかし、結局その客は、それから、1ヶ月持たずに出て行ってしまったらしい。どうしても気になったAさんは、その客に事情を聞いた。

「最後の方は、急にシャワーが流れ出したり、電気が消えたり、散々だったよ。あそこには、確かにいる。俺は見た。あそこには女の幽霊がいるんだよ」

そして、一息ため息をついた後、その客は最後にこう答えたそうだ。
「一人暮らしの筈が、一人暮らしをしてるとは感じなかったよ…..」

それからは、担当者だったAさんは、転勤となり、その後については、分からないという。もしかしたら、その部屋は未だに「いわくつき物件」として存在しているのかもしれない。

-恐怖の心霊体験談
-