恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

幼い子どもがいる母に取り憑き命を奪う謎の霊

私が幼い頃、母は原因不明の病気でずっと寝たきりの状態でささた。祖母が祈祷師に相談すると「すぐにその家を出なさい。死ぬよ。」と言われたそうです。私たちはすぐに引越しました。その後、は私たち家族と似たような家族が入居し、入居後にお母さんが亡くなったそうです。

私がものごころついた頃から

幼い子どもがいる母に取り憑き命を奪う謎の霊の画像

母はほとんど寝たきりの状態が続いていて、大学病院やどの病院でも原因は不明のままでした。

そんな母の状態を心配した祖母が地元の祈祷師に相談したところ、祈祷師は「すぐにその家を出なさい。死ぬよ。」と言ったそうです。

住んでいた貸家の前に住んでいた人が行っていたおまじないのようなものが原因とのこと。

すると祖母は母がお産で入院中に手伝いに来ていたときに庭の草取りをしていたら、敷地の四隅から刃物が出てきたことを思い出しました。

とにかく1日でも早く出ないと母か私が死ぬと言われ、両親も引越しを決め引越し先を探したところ、すぐに転居先が決まりました。ただ私は小学校の入学を控えていたのですが、転居の時期が入学式には間に合わず転校生になることに。

ところが転校生になるのはかわいそうだと色々な幸運が

ところが転校生になるのはかわいそうだと色々な幸運がの画像

重なり10日早く家を出ることになりました。引越後、母は今までがウソのように体調が良くなり母も家を出たら頭の霧がすっと消えたようだと。

その後、あの家に引越してきた家族は私と同じぐらいの歳の子がいて、転校生になるのがかわいそうだと、わたしたちが早く出たので引越しを早めたそうです。

そして引越し後まもなくお母さんが亡くなってしまったそうです。その話しを聞いたときに、母はもしかしたら母か私が死んでいたかもしれないと思ったそうです。

その貸家があった場所は、その後しばらくして更地になったそうです。前にどんな人が住んでいて、何をしたのか、霊なのか、呪いなのかわからないのですが、母か自分が死んでいたかもと思うと怖いです。

-恐怖の心霊体験談
-