恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

現実にあった心霊体験と更に現実にボヤまであった事件

高校2年のある夏の夜に心霊現象が起き、化け物が私の体の上に乗り、恐怖を覚え、更に気のせいだと思っていたことが、また起き、さらにはボヤが起き、父が急いで消火器で火を消し止め、最後には私が、自律神経失調症になってしまった事件

それはある夏の夜のことでした

現実にあった心霊体験、更に現実にボヤまであった事件の画像

日にちまでは覚えていませんが、私が高校2年の夏の夜でした。私はいつものように、12時頃就寝し、よく眠っていました。

たしか、夜3時くらいだったと思います。その時は、私は夏休みでした。

夜突然、がたがたと仏壇が鳴り始め、地震でも起きたのかと思いましたが、(私の部屋に仏壇がありました)少し薄目を開けると、そこには、口が口裂け女のように大きく、目は相当でかく、髪の毛の長い、化け物が私の上に乗っていました。

そして私の顔のすぐ近くに、その化け物の顔があり、怖くて私は目を閉じていました。その化け物は少し重く、私は動くこともままならない状態でした。

しばらくその化け物は、私の上に乗っていましたが、10分か、20分かはよく覚えていませんが、化け物が去ったあと、何もかも、いつもどおりでした。

私は怖くて大声も出せず朝まで眠れなかったです

私は怖くて大声も出せず朝まで眠れなかったですの画像

そして、それだけではなかったです。また、ある日の夏の夜、私はいつものように、夜12時頃に、蚊取り線香を、布団から3メートルは離れた机の上に、火をつけておいて置き、そして、安心して寝たのですが、また、夜3時頃、その化け物は現れ、また、仏壇がカタカタと音を立てて、鳴り始め、また起きると怖いので、目をつぶったままじっとしていたのですが、今度は私の布団が引っ剥がされるような感じがして、何かに布団がかけられたような感じがしていました。

怖いのでそのままにしておいたのですが、今度は、煙がまわってきて、気絶状態でした。

私は意識がほとんどありませんが、父が慌てて消火器を持ってきて、私の部屋に消火器を撒きました。つまりボヤでした。私は、高校の時はタバコは吸っておらず、火元は蚊取り線香だけでした。

私は、父に何回も顔をたたかれて、やっとのことで起きましたが、布団は焼け焦げて、部屋の畳が黒く、燃えた跡がありました。

父も私がタバコ等吸っていないことは知っており、というよりもタバコの煙がいやだったくらいでした。

父と母はその日慌てて警察を呼んで実況見分をしましたが

父と母はその日慌てて警察を呼んで実況見分をしましたがの画像

警察の捜査によると、蚊取り線香は、机の上にあったことは間違いないが、私が布団を夏で暑いので、寝ている間に、漁師の網投げのように、投げて、たまたま、蚊取り線香をひっかけて、蚊取り線香の上に、布団がかかって、燃えて、それが火の元になり、畳が燃え、ボヤになったという捜査でした。

ふにおちないのは、私は高校の登山部に属しており、今までに寝相が悪いといわれたことはなかったのですが、あと、その投げたはずの布団が私の体の上に乗っているというのも、ふにおちませんでした。

私はそれから、体調を崩し、眠れなくなって、医者から自律神経失調症と病名をつけられました。今でも思い出すと、怖いです。

-恐怖の心霊体験談
-