恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

これは現実?夢?恐怖で泣いた真夏の金縛り体験

私は昔から「霊感」というものは全くありません。特に怖がりということもなく、むしろ小さいころは怖い本を読んでは「怖い怖い」と楽しんでいたり、お化け屋敷ごっこが大好きな子供でした。そんな私が中学生の時に体験した、一生忘れられない夏の夜の出来事です。

今でも覚えていますがあの日は7月7日で私が中学2年生の時です

これは現実?夢?恐怖で泣いた真夏の金縛り体験の画像

1人部屋でいつものように寝た私は、夜中ふと目を覚ましました。
時間は2時10分でした。

まだ寝てから3時間位しかたってないんだと、また目を閉じて寝ようとしましたが、なぜか目が覚めてしまい眠れません。目をつぶりながら、ウトウトしていると、だんだん耳鳴りがしてきました。
小さいキーンという音がだんだんとハッキリとした音になっていきます。

なんだか不快に感じて、唾を飲んだり寝返りをうちましたが止まりません。

そしてなぜだかわかりませんが、ふと恐怖を感じた瞬間、突然体が動かなくなりました。目は閉じたままです。
これが金縛り?という不思議な感じでした。

ベットの隣には私の勉強机があります

ベットの隣には私の勉強机がありますの画像

辞書が机の上に置いてあるのですが、その辞書がパラパラパラ...と風に吹かれているような、誰かがめくっているような音を出しています。

頭の中で、「窓は開いていない」「何の音?」「これはどう考えても本をめくる音だよね」とグルグル考えていましたが、体も動かず、勉強机に対しては背を向けていた形だったので、背中で感じるしかなかったのです。

と、思ったら突然ドン!と下から突き上げるような地響き?と共に、遠くから「ザッザッザッザッ」という人の足音。
人の足音のように聞こえましたが、1人の音ではありません。

例えるなら軍隊が行進をしていて、砂を踏みしめるような音。
その足音が遠くからだんだん私の方へ近づいてきます。私は怖くて怖くてずっと目をつぶっていました。

足音が耳のそばまできて、一瞬とまりました。
「・・・・」しばらく静かな時間が続きましたが、私は息をするのも怖く脂汗がでるのを感じていました。

と思ったら、また「ザッザッザッザッ」という耳元で歩き出す音。
そしてだんだんと遠くへ行ってしまいました。

体が動きません。恐怖で目も開けらません

体が動きません。恐怖で目も開けらませんの画像

力をいれてじっとしていましたが、途中で寝てしまったのでしょうか?
ふと気が付くと、体が動きます。

時計を見ると、2時10分...。あれ?と思いました。さっきも2時10分だったのにと。

長い時間怖い思いをしていたと思いましたが、また2時10分?
どういうことだろうと。しかし私にはハッキリ時計を見た記憶がありました。

一気にゾゾッという鳥肌がたち、私は両親の寝室へ駆け込みました。
中学生になっても親と一緒に寝るという恥ずかしさよりも、安心したくて母親の布団に潜り込み、そこでようやく眠りにつけました。

大人になった私は、最近、実家が砂の上に家を建てられているという話を聞きました。

だから地盤が不安だとか、両親はそんな事を話していましたが、私は中学生の頃、金縛りにあった時の足音を思い出しました。
あの、砂を踏みしめるような音、大人数の足音、なにか関係あるのでしょうか?

怖くてかつてここで何があったのか、というのは調べられません。
知らぬが仏...ですね。

あれから金縛りにあったことはないので、一生に一度の体験だったのかな?と思っています。

-恐怖の心霊体験談
-