恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

夏の終わり雨の降りしきる夜中に謎の存在に尾けられた話

17歳の夏の終わりに、実際に体験した話。雨の降りしきる夜中の小学校での恐怖体験。小学校の歩道橋の下で雨宿りしていた時の話。男3人で喋っていると、歩道橋から足音が・・・丁度自分達の真上でピタッと止まり、・・・

これは私の旦那が17歳の時に実際に体験した話だそうです

夏の終わり、雨の降りしきる夜中に謎の存在に尾けられた話の画像

楽しかった夏休みもいよいよ終わりに近づいた8月末。小学校から仲が良かった男友達2人と遊んでいました。

夜も更け、特に遊びに行くアテも無くなった所で、雨が降って来ました。
仕方がないので、自分の近所の昔自分達が通っていた小学校の歩道橋の下で、雨宿りしながら喋る事になりました。
この小学校は大きな小学校だそうで、東運動場、西運動場があり、国道を挟んで歩道橋でつながっていたのです。

その為、雨宿りにはうってつけだったのです。
些細な事でも何でも面白くて楽しい年頃、気が付くと夜中の2時前でした。
正直、この学校では何度も心霊体験をしていた為、少し気味が悪かったのですが、それでも友達とのお喋りに夢中でした。

しばらくして歩道橋から東運動場から西運動場に向かって足音が・・・

 の画像

A「えっ、こんな時間に?」
B「誰やねん気色悪い!」
自分「いや、用務員さんでしょ。笑 見回りでしょ。」
コツッ、コツッ、コツッ。
どんどん近付いて来る足音。
B「こんな時間に大変やな、用務員も。」
A「せやなぁ、大変やわ。」
自分「俺無理やわ、こんな時間に学校一人で見回りとか・・・」
A「せやなぁ!和輝(仮名)は無理やわ!お前霊感強すぎるもん。笑」
B「確かに!お前とおると、俺等も毎回不思議な体験するぐらいやからなぁ!笑」

自分「確かに・・・いつもごめん!笑」
一同「ぎゃはははは!」
すると、足音が丁度自分達の頭上でピタッと止まったそうです。
そして・・・
ドンドンドン!ドンドンドン!!

うるさいぞ!!と言わんばかりに、頭上で音が鳴りました

うるさいぞ!!と言わんばかりに、頭上で音が鳴りましたの画像

A「えっ!?何!?」
B「ヤバいヤバい!用務員さんが怒ってはるんやわ!」
自分「うるさい!って?」
B「そーちゃう?」
A「まじかぁ・・・」
自分「すいません!帰ります!」
そして、自分達は帰り支度を始めました。
が、しかしある事が引っ掛かったのです。
自分「なぁ、おかしくないか?」
A「何が?」
自分「いやさ、もし用務員さんやったとしよう。でもな、それだと説明つかん事があるで。」
B「何や?」
自分「東運動場から西運動場へ向かうには、歩道橋の入り口のカギを開けなアカン。でもカギの開く音、チェーン外す音が聞こえたか?」
B「いや、聞こえてない。」
A「確かに。でも、俺等が聞き逃しただけやろ?」
自分「足音は聞こえたのに?」
A,B「・・・」
自分「懐中電灯の光も見えない。光なしで見回りするか?」
A「確かに・・・」
B「じゃーあの足音なんや?」
A「人間ちゃうんちゃうか・・・」
自分「そーかも知れん・・・」
B「おい!帰ろう!気色悪い!」
自分「おう!何か寒気止まらん。帰ろう。」
A「おい!何か聞こえへなんか?」
自分、B「えっ?」
ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ・・・
自分「何や、この足音・・・」
B「おう・・・俺も聞こえる・・・」
ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ!
A「あかん、どんどん近付いて来とるで!」
自分「人間と思えない。」
B「とにかく和輝んちまで逃げよう!」
A「走ろ!」
そして自分達は少し離れた所まで走って逃げ、少し様子を見ました。
A「どーや?」
自分「わからん・・・」

B「和輝・・・あれ用務員やろ?そーなんやろ?」
A「・・・用務員が何であんなんすんねん。」
ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ!!
自分「静かに、足音が・・・」
A,B「えっ!?」

どんどん近付いて来る足音。しかし姿が見えない

どんどん近付いて来る足音。しかし姿が見えないの画像

自分「やっぱり人間やない・・・早くこっから離れよ!!」
一心不乱に男3人で、自分の家まで走りました。
まだ雨が降ってましたが、そんなのお構いなしです。
そして、自分の家に着き、玄関前で息を整えていました。

A「あれ何やったんや・・・」
B「先輩とかやったんちゃうんか?」
自分「それやったらもっとわかりやすく来るやろ。うるせー!とか・・・。明らかに追いかけて来たのに、姿形が見えんかった・・・。足音あんなに近くで聞こえたのに・・・。」
A「鳥肌が凄いわ・・・」
自分「俺もや・・・」
B「おい!早く入ろう!入れてくれ!」
ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ・・・
A、B、自分「!!?」
ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ・・・
自分「尾けてきよった!!」

そこからは夢中です。
男3人で我先に部屋へ上がり、ガタガタ震えながら男3人で固まって寝ました。笑

あれは一体何だったのか?今でも知る由はありませんが、我々3人が集まった時は必ず話します。
今じゃ笑い話ですが。笑

-恐怖の心霊体験談
-