恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

恐怖の心霊体験談

とある観音様が祭られた夜の神社での恐怖体験

妻との間に子供ができず、神社にお祈りに行こうということになった。しかし、転勤で来た土地で土地勘が無かったため、場所の下見をしてから翌日改めて行こうという話になり、下見をすることになった。夜の神社に行って、恐怖の体験をした。

私は妻と結婚して3年の間に2度子供を授かった

とある観音様が祭られた夜の神社での恐怖体験の画像

しかし2回とも流産をしてしまいその後1年間授かることがなかった。

そんなある日、妻が「水子供養をしないから、流産した子供たちが怒ってるのかも…。水子供養と子授け祈願に神社に行きたい。」そう言いだした。

妻の辛い気持ちを察した私は、すぐに「そう思うなら行こう。」と返事をした。
しかし、転勤のために来た土地で土地勘がなかった。

金曜日だったので、「明日は休みだし、今日でも下見に行って、明日迷わずに行けるようにしない?」という話になり、すぐに出かけることにした。時刻は夜9時を回ったところだった。

犬を飼っていたが、夜ということもあり、吠えると迷惑がかかるので一緒に連れて行くことにした。

ナビに従って車を進めると到着まで予想以上に時間がかかった。狭い道を走りながら、神社の近くに差し掛かった。

するといつもドライブではおとなしい犬が突然吠えだした

するといつもドライブではおとなしい犬が突然吠えだしたの画像

最初は気にもとめなかった。

しかし、通常街灯は黄色がかった色だと思うのだが、その神社に上がる坂だけは青いライトだった。

「気持ち悪いな。」そう言って妻の方に目をやると、なぜか真剣な眼差しで一点を見つめ、一言も話さない。

「どうしたの?」そう聞くと突然「引き返して!!」見たこともない顔で声を荒げて妻が言った。

訳が分からなかったが、私は心臓がドキッとして「わかった!」と言って引き返すことにした。この時、犬の吠え方は遠吠えに変わっていた…。

帰りは同じ道を帰れば良いだけなのに、何故か反対方向に行ってしまった。

運転が得意なはずの私はハンドルが重く感じた。助手席に座っていた妻は私から遠ざかるように身を引いていた。

それにさっきまで激しく吠えていた犬が妻の膝で震えていた

それにさっきまで激しく吠えていた犬が妻の膝で震えていたの画像

あまりの怖がりように「どうしたの?」とは聞けなかった。

帰りもナビをセットしたのに、かなり迷いながら、何とか神社から遠ざかり、いつも知っている道に出た。

私は内心ホッとして、妻に声をかけた。「何か怖かったね。」すると変な返事が返ってきた。「大丈夫?」私には意味が分からない。

「大丈夫だけど何?」そう聞くと妻は震える手で私の手を掴み、「神社を出る時、反対の道行ったでしょ?」私は頷く。「今私が掴んでるみたいに何かに掴まれてたよ。」そう言われてゾッとした。

どんな手だったのか聞いても妻は何故か思い出せないようだ。霊感が無い妻は、犬が察知したから見えたのかもと言っていた。

翌日、神社に行くと、そこには水子供養と動物の墓があった。

神社の人に、昨夜の事を話すと「夜は来てはいけないよ。」とそれだけ言われた。
夜の神社には2度と行くことはないだろう。

-恐怖の心霊体験談
-