恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

感動する心霊体験談

突然死した父からのメッセージ!もう痛くないんだね!

私の父は、還暦前に亡くなりました。糖尿病・頸椎椎間板ヘルニア・心筋梗塞を経験し、全身・痛い痛いといつも言っていました。亡くなる前日は、体調の悪さを訴える事もありませんでした。そして、翌朝、冷たくなっていました。亡くなって数日後、父が夢枕に立ちました。

私の父は糖尿病・椎間板ヘルニアを患い心筋梗塞も経験しています

突然死した父からのメッセージ!もう痛くないんだね!の画像

とても気性の荒かった父ですが、心筋梗塞後は、とても穏やかになりました。

しかし、この頃くらいから、全身の痛さを訴えるようになりました。椎間板ヘルニアの影響で手が特に痛んでいたようでいつも、痛い・痛いとさすっていました。

以前は、テキパキ動いていた父ですが、晩年は、動きもとってもスローリーになり、とにかく毎日、痛みと戦っているような印象でした。
それでも仕事にはきちんと通っていましたし、祖母の面倒もよく見ていました。

亡くなる前日も、祖母のわがままに付き合い、長距離運転をし、帰ってきて大好きなお風呂に2回入り、これまた大好きなビール片手に自分の部屋へ。
0時前くらいまで、パソコンをしているような感じだったそうです。

いつもは2階の寝室で眠る母ですがその日はたまたま

いつもは2階の寝室で眠る母ですがその日はたまたまの画像

1階のリビングで寝る事にしたようで、翌日、いつものように父を起こそうとしましたが、起きてこなかったようです。司法解剖は望まなかったので、はっきりした死因はわかりませんが、熱中症か脳梗塞だろうと言われました。

本当に突然のお別れで、悲しみよりも驚きの方が強く、もっとあの時・・・と後悔の念も強かった事を覚えています。

お通夜の晩、突然、腰から下全体に重だるい痛みが出てきて、今まで経験したことのない種類の痛みだったので驚き、眠れませんでした。

しかし翌日には、何事もなかったように痛みがとれ、普通に動けました。
慌ただしくお通夜とお葬式が終わり、バタバタとその後のさまざまな手続きに追われていた頃。

父が夢枕に立ちました。父は、いつもほぼ、同じ服装をしていて、その時も、いつもの父の恰好でした。

ただ、一つ違ったことは、とても軽やかに動けていた事。
夢の中で父は「俺、もう全然痛くない!どこも痛くない!」と、とてもうれしそうに、ばく転をしていました。

(そのバク転は、失敗しカエルのようにべチャッとなっていましたが(笑))
それでも、軽やかに起き上がり、とにかく嬉しそうに、終始笑顔でした。
未だに、あの夢の中の父の笑顔は忘れられません!

そして、今思えば、あのお通夜の晩の、足の痛みは父が常日頃、悩まされていた痛みだったのでは?っと思っています。

あんな痛みを抱え、仕事にも行き、毎日苦しめられてたのか?と思うと、私だったら耐えられません。

誰かに分かってもらいたかったのかな?っと漠然と思っています。

-感動する心霊体験談
-