恐怖の味噌汁

恐怖の心霊現象から感動して笑える心霊体験など今まで見たこともない不思議な怖い実話エピソードが満載

感動する心霊体験談

死んだ父が守ってくれていると確信した瞬間

元気だった父が、突然胃の不調を訴え、検査をした約2か月後に他界。それまでは、こんなに早く居なくなるとは想像もしていなかったので、偉そうにしたり、口喧嘩したり。。気持ちの整理もつかず、放心状態のまま始まったお葬式の途中から、父は私の頭の上に乗っていました。

お酒が好きで一人娘の私を溺愛していた(人から聞いた話です笑)父が

死んだ父が守ってくれていると確信した瞬間の画像

胃痛のための検査で病院へ。

昔から病院が嫌いで、行くのは歯医者さんぐらいだった父が、自ら胃カメラを受けると言い出したほど、病気は進行していたのだと思います。

結果は【末期の胃癌。もって3か月】という内容でした。
本人は胃潰瘍ぐらいに思っていたので、絶対に隠そうと思いました。
隠している間は、痛みに耐えながらも元気でしたが、担当医から「告知しないと治療が進められない」といわれ、告知。
その日から2週間ほどは、話もできて、私が行くと嬉しそうにしてくれてました。

いつものように会社終わりに病院へ行くと、話もできなくなった父がいました。目の焦点が合わず、話せない。
会話にならなくても、私の声は届いていると思い、毎日普通に話しかけました。
それから2週間、父は他界しました。

早すぎる死と、告知をさせたことへの罪悪感、親孝行してあげられなかった後悔で、精神的にボロボロでした。

お葬式の日に放心状態で皆のお焼香を見ていたら

お葬式の日に放心状態で皆のお焼香を見ていたらの画像

私の目の前に白い糸が・・横に向かって突然現れたんです。

【横から横?お焼香で順番に通ってたのに、どこから糸が?】と思って周りを見ても暗くてどこからか不明。

そこに白い蜘蛛が現れて、私の目の前を歩いてきました。(隣にいた主人と母は全く気付いていません。不思議)

私は【お父さんだ】と思って、どこまで行くのか見たかったのですが、見失いました。

その時、私の頭のてっぺんが【ほわーん】と、そう、まるで誰かが手を置いているような暖かさになったんです。

私は上を見上げて【ここに居るの?】と心の中で聞きました。
すると、その暖かさの面積が大きくなったので、「座ってていいよ」と思ったら、暖かさが優しく緩くなって、式が終わるころには無くなりました。。

魂って暖かいと思います。
そのことがあってから、私のそばにはずっと父が居て守ってくれてると思えて、毎日父に声をかけています。(当然、一方通行ですが笑)

-感動する心霊体験談
-